NTTレゾナント 防災ソリューション、「関西オフィス防災EXPO」に出展決定

NTTレゾナント株式会社 2017年11月02日

From 共同通信PRワイヤー

2017年11月2日

NTTレゾナント株式会社

NTTレゾナント 防災ソリューション、
「関西オフィス防災EXPO」に出展決定
(リンク »)

 NTTレゾナント株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:若井 昌宏、以下、NTTレゾナント)は、2017年11月15~17日に「関西オフィス防災EXPO」へ、NTTレゾナント 防災ソリューションを出展します。

■出展概要について
・出展先:関西 オフィス防災EXPO
・日程:2017年11月15日(水)~11月17日(金)10:00~18:00
・会場:インテックス大阪(大阪市住之江区南港北1-5-102)
・小間番号:6-38
・出展サービス:NTTレゾナント防災ソリューション
・詳細: (リンク »)

■NTTレゾナント 防災ソリューション出展内容
①災害対策マネジメントソリューション
 災害対策マネジメントソリューションは、「災害管理ダッシュボード」と「スマホアプリ」を連動させることで、発災時に社員から「安否状況」「被災状況」「支援物資の状況」などの必要な情報を一元化して収集することを可能にします。さらに、事業継続に必要な初動に関するサポート機能により、安否確認にとどまらず、的確な状況判断と対応指示が可能になります。
URL: (リンク »)

②防災アプリソリューション
 自治体・企業・団体向けに、「goo防災アプリ」*1をベースとしたスマホアプリのカスタマイズソリューションを提供しています。本ソリューションでは、「goo防災アプリ」が持つ以下の機能をお客様独自のアプリに提供します。
・災害および気象警報・注意報発生のプッシュ通知
・避難所・公共施設・公衆電話情報を網羅した「防災マップ」
・「教えて!goo(防災カテゴリ情報)」
・病気・お薬検索など災害時に役立つgoo独自のコンテンツ
 また、安否情報をまとめて検索できる「J-anpi」との連携により、通信キャリア各社や各企業・団体が提供する安否情報などを横断的に確認することができます。
 さらに、訪日外国人旅行者の増加に伴い、防災・災害情報などの必要性も高まってきたことから、主要コンテンツの多言語(英語、中国語[簡体・繁体]、韓国語)対応を実施しています。
URL: (リンク »)
 南海トラフ地震等の被害が懸念されている大阪市には、情報の「伝達」と避難の「支援」を両立するアプリ「大阪市防災アプリ」*2を2016年3月より提供しています。被災時の情報共有はもちろん、平常時から地震や津波などの災害に応じた避難場所の検索や避難訓練の記録ができることから、被災時の新たな情報伝達経路の確立や、各々の住民が避難を考えるきっかけ作りに利用されています。

【アプリインストール方法】
・「goo防災アプリ」ダウンロードURL
Android版 URL: (リンク »)
iPhone版  URL: (リンク »)
・「大阪市防災アプリ」ダウンロードURL
Android版 URL: (リンク »)
iPhone版  URL: (リンク »)

【補足】
(*1):「goo防災アプリ」の詳細はこちら (リンク »)
(*2):「大阪市防災アプリ」の詳細はこちら (リンク »)

以上



関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]