Ethereumが初のブロックチェーン・アプリケーションTokitを発売

SingularDTV 2017年11月07日

From 共同通信PRワイヤー

Ethereumが初のブロックチェーン・アプリケーションTokitを発売

AsiaNet 70888 (1750)

【チューリッヒ2017年11月7日PR Newswire=共同通信JBN】
*エンターテインメント業界向けのSingularDTVのプロジェクト開発・権利管理アプリケーション

Ethereum初のマルチスマート契約アプリケーションTokit(Tokit.io)の発売によって、世界のアーティスト、クリエーターはトークンおよびトークン化されたエコシステムでプロジェクトを遂行することができる。「tokenize it」を省略したTokitは、ブロックチェーンで発売されるSingularDTVの分散アプリケーション・スイートの最初の製品である

Video - (リンク »)

SingularDTVは、開発、制作、流通アプリケーションの3種類のアプリケーションをリリースした。これらは、一緒に使用されると、アーティストやクリエーターがゲートキーパーや媒介手段なしのブロックチェーン・エンターテインメント業界を創設する目的で自らの経済活動を生み出すことを支援するために作成されている。SingularDTV初の開発アプリケーションであるTokitによって、ユーザーは知的財産権、収益、著作権使用料をプログラム可能なトークンに組み込むことができる。この機能は従来のソフトウエア・アーキテクチャーには絶対に存在せず、ブロックチェーンのデータ・ネットワーク融合と合意アルゴリズムによって可能になった。この機能はSingularDTVアプリケーションと統合することによって、ユーザーの仕事の開発に今まで例のない管理を提供する。

SingularDTVのザッハ・ルボー最高経営責任者(CEO)は「表現を圧迫し、抑制する手の込んだゲートキーパー体制があちこちに存在する。アーティストが世界に何とかして表現を伝えようとしても、その表現行為から価値と収益を引き出すさらに手の込んだ媒介手段が存在し、大半のアーティストが芸術で生計を立てることをほとんど不可能にしている。アーティストが使用権を制作から流通まで管理できるアプリケーションをSingularDTVが発売したことを受け、こうした時代は終わろうとしている」と語った。

▽新しいタイプのアーティストとファンの関係
TokitとSingularDTVのアプリケーション・スイートは、オーディエンスのために新しいエキサイティングな恩恵ももたらす。これからは、アーティストとファンは全く新しいタイプの相互関係に入り、アーティストのキャリア期間中はアーティストを支援できるとともに、その支援過程でファン層を充実させる。Tokitで生成されるトークンはプロジェクトの知的所有権が埋め込まれるので、これらのプロジェクトが収益を生み出した際に、その収益はファンが引き出すか貯めておくことができるトークンに即時に反映される。トークンは、コンテンツへの支払い手段としても機能する。現行の機能では、ファンは好みの映画、テレビショー、歌についての評価を友人や家族に拡散しても有形の価値を受け取ることはないが、ファンが好みの歌のトークンを保有し、そのコンテンツに友人や家族が支払いをすれば、その収益はファンが利益を受けるトークンに振り込まれる。今後、口コミのマーケティングは実質的価値を伴うことになる。

▽好みのテレビショーが絶対にキャンセルされない理由
プロジェクト・トークンが一般公開されれば、トークンはそれを取り引きできる世界中のさまざまな暗号通貨取引を通じて時価総額が決まる。テレビシリーズがトークン化され、忠実で熱心なファン層を生み出せば、そのシリーズはオーディエンスによって支えられる。シリーズの収益はシリーズのトークンに埋め込まれ、トークンはそのシリーズを観るために入場チケットのように使用できるので、オーディエンスは好みのシリーズを観るためにトークを購入する。オーディエンスはまた、トークンを購入してそのシリーズが生み出す収益を受け取る目的でトークンを保有する。オーディエンスが増えれば、生まれる収益も増え、このためトークンの価値は高まり、理論的にはこのトークンの購入需要も高まる。テレビシリーズが「トークン収益」を実現するならば(詳細はToken Economics( (リンク ») )を参照)、プロデューサーは暗号通貨取引所でその引当金を受け取り、次のシーズンの資金を調達できる。トークンを獲得するファン層が増大するにつれ、シリーズの時価総額は急増し、シリーズは数シーズンにわたる期間、ないしはオーディエンスがそのシリーズの経済に参加することを望む間は継続される。

SingularDTVはさまざまなテレビシリーズを開始しこの新しいモデルを証明する。

SingularDTVのエンターテインメント担当プレジデントであるキム・ジャクソン氏は「トークン化されたエコシステムは、オーディエンスとアーティストがゲートキーパーにクリエーターの全ての利益を取られることなく、映画ないしはテレビショーの成功から互いに恩恵を受けるので、これこそがエンターテインメント流通が待ち焦がれていた回答である」と語った。

▽トークン化されたエコシステムとは何か
われわれが「古い世界」と呼ぶ中央集権化された時代遅れの世界では、経営構造は法人、有限責任企業などと呼ばれる。しかし、ブロックチェーン・テクノロジーの新世界では、新しいタイプの分散経営構造のEthereumとSingularDTVはトークン化されたエコシステムと呼ばれる。トークン化されたエコシステムはトークンで成り立ち、スマート契約システムによって稼働するさまざまな機能と特徴によってプログラム化できる。

▽SingularDTVについて
SingularDTVはEnTech(エンターテインメント・テクノロジー)企業であり、ブロックチェーン・テクノロジーを活用して、コンテンツクリエーターと消費者の双方を支援するトークン化されたエンターテインメント経済を生み出す。同社はピアツーピア環境でコンテンツに資金提供し、それを流通、市販するために特許を保有するブロックチェーンベースのテクノロジーを利用したツールを映画製作者、ミュージシャン、アーティストに提供し、従来の資金調達の障害および流通仲介を解消する。

▽Blockchainテクノロジーについて
ブロックチェーンは(1)コンピューターシステムの中で初めてデータとネットワークを融合する(2)不変のデジタル帳簿への同一かつ透明なアクセスを全てのユーザーに提供する合意アルゴリズムのため-という2つの主要な理由で、テクノロジーにおける革命である。これら2つの特性の組み合わせは、われわれの生活に少なくともインターネットよりも深い影響を与える。

▽Ethereumについて
Ethereumは、ブロックチェーンのデータ/ネットワーク融合と合意アルゴリズムの活用によって作成された複雑なアプリケーション開発に適応させるために設計されたスマート・プログラムが可能なブロックチェーン・プロトコルである。2015年創業のEthereumとその数千の開発者は世界の次世代のソフトウエア・アプリケーションを開発している。

SingularDTVに関する詳細はウェブサイト (リンク ») を参照。

SingularDTV website: (リンク »)
Twitter: (リンク »)
Facebook: (リンク »)
Medium: (リンク »)

ソース:SingularDTV

▽問い合わせ先
Company: SingularDTV
Name: Zach LeBeau
CEO & Co-founder
Telephone: +1-310-483-3587
Email: zach.lebeau@singulardtv.com

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]