輪行のハードルを下げ、初心者のデビューを応援!3ステップで収納できる折りたたみ自転車用輪行袋発売。

ビーズ株式会社 2017年11月08日

From 共同通信PRワイヤー

2017/11/08

ビーズ株式会社

輪行のハードルを下げ、初心者のデビューを応援!
簡単3ステップで収納できる、折りたたみ自転車用輪行バッグ発売。

 ビーズ株式会社(所在地:大阪府東大阪市、代表:大上響)は2017年11月8日、同社自転車ブランド「DOPPELGANGER(R)(ドッペルギャンガー) (リンク ») 」より、折りたたみ自転車の輪行・保管に最適な「輪行キャリングバッグ DCB429-DP / DCB430-DP (リンク ») 」を発売します。

【画像: (リンク ») 】

 DOPPELGANGER(R)は、2013年から今日まで、様々なタイプの輪行袋を企画してきました。 企画第1号である、最もスタンダードな輪行袋として多くの方にご愛用いただいた「輪行キャリングバッグ DB-2 / DB-3」を大幅に刷新し、この度パワーアップしてリリースします。

<製品特長>
 「輪行キャリングバッグ DCB429-DP / DCB430-DP」は、1.ファスナーを全開にする→2.自転車を乗せる→3.ファスナーを閉じる、のシンプルで簡単な3ステップで自転車の収納が完了する輪行袋です。 袋型の輪行袋と異なり、「片方の手で袋の口を広げながら、もう片方の手で自転車を持ち上げて入れる」という大変さ・煩わしさがありません。

【画像: (リンク ») 】

 また輪行を終えて袋が不要になるときにも簡単に扱えるよう改良しました。 たたんで丸め、バックルでベルトを留めるだけのパッキング方法を採用。 コツと時間が必要だった従来型のパッカブル構造に比べ、無理せず小さくすることが可能になりました。 ベルトはH型になっており、真ん中の部分がハンドルとして機能します。

【画像: (リンク ») 】

 従来より採用していた厚めのポリエステル生地や防水コーティング、サイズラインナップはそのままに、より使いやすくなりました。 輪行や車載などをしたことがない方に向け、「これなら自分でもできそうだ」と感じてチャレンジしてもらえるよう、本製品をリリースします。

【画像: (リンク ») 】

<ブログ始動>
 DOPPELGANGER(R)では自転車にまつわる様々なアクティビティや知識を紹介するブログをスタート。 そもそも輪行とは何か、どうやって輪行袋を選ぶとよいかなど、ブログ内で紹介しています。
(リンク »)
(リンク »)

<製品スペック詳細>
【ブランド名】DOPPELGANGER(ドッペルギャンガー)
【商品名】輪行キャリングバッグ
【型番:対象車種】DCB429-DP:折りたたみ小径車、DCB430-DP:折りたたみ大径車
【展開時サイズ】DCB429-DP:91×115cm、DCB430-DP:100×125cm
【収納時サイズ】DCB429-DP:31×12×12cm、DCB430-DP:35×12×12cm
【重量】DCB429-DP:1.05kg、DCB430-DP:1.15kg
【その他仕様】カラー:ブラック、静止耐荷重:20kg、材質:ポリエステル
【希望小売価格】3,300円(税別)
【製品ページ】 (リンク »)



関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]