【ブリヂストン】2017 SUPER GT GT500クラスで、ブリヂストン装着チームがシリーズチャンピオンを獲得

株式会社ブリヂストン 2017年11月13日

From 共同通信PRワイヤー

2017年11月13日

株式会社ブリヂストン

【ブリヂストン】2017 AUTOBACS SUPER GT GT500クラスで、ブリヂストンタイヤ装着チーム「LEXUS TEAM KeePer TOM’S」がシリーズチャンピオンを獲得

 株式会社ブリヂストンがタイヤを供給する「LEXUS TEAM KeePer TOM’S(ドライバー:平川 亮/ニック・キャシディ)」が、2017 AUTOBACS SUPER GTのGT500クラスにおいてシリーズチャンピオンを獲得しました。ブリヂストンタイヤ装着チームがGT500クラスのシリーズチャンピオンを獲得するのは昨年に続いて2年連続となります。

【画像: (リンク ») 】

【画像: (リンク ») 】

●関谷 正徳氏(「LEXUS TEAM KeePer TOM’S」代表)コメント
第1戦と第7戦で優勝して、今年2勝でシリーズチャンピオンを獲得することができました。SUPER GTは、ミスをすると勝てない、どこかでひとつ外れるとポイントがとれないレースなので、チャンピオンを獲るためにはタイヤの性能が安定していることが一番重要な要素だと思います。そういった意味でも、ブリヂストンが安定したタイヤをつくってくれたことがチャンピオンを獲れた要因です。まさにブリヂストンと共につかんだ勝利でした。ありがとうございました。

●井出 慶太(株式会社ブリヂストン 執行役員 消費財タイヤ開発担当)コメント
GT500クラスのシリーズチャンピオンを獲得した「LEXUS TEAM KeePer TOM’S」の皆様に、心からお祝い申し上げます。今年は多くの車両が新しくなったこともあり、今まで以上に不確定要素の多い厳しいシーズンでした。優勝争いも最終戦までもつれる接戦となりましたが、昨年に続いてGT500クラスのシリーズチャンピオン獲得に貢献できたことを大変嬉しく思います。
また、応援してくださったファンの皆様、タイヤ開発にご協力頂いたチームの皆様に、この場をお借りして心より感謝申し上げます。今後も「断トツのレースタイヤ」の供給を目指すとともに、皆様のご期待に応えられるようにモータースポーツを足元から支えていきたいと思います。

当社は今後も、国内外の幅広いモータースポーツ活動を通じて技術の研鑽につとめるとともに、自動車産業及びモータースポーツ文化のさらなる発展に貢献してまいります。


以上



関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]