“犬”の顔認識が可能なAIを搭載した新世代のドッグカメラが登場 留守番中の愛犬の行動やセルフィーをリアルタイムで自動通知するFurbo(ファーボ)の新サービス「スマートドッグ通知」開始

Tomofun 株式会社 2017年11月17日

From PR TIMES

 愛犬との「離れていても、いつでも一緒。」を叶える愛犬家のためのドッグカメラ「Furbo(ファーボ)」を展開するTomofun株式会社(代表取締役: 布施 健 本社:東京都目黒区)は、2017年11月17日(金)より、AI搭載型の新世代のFurbo ドッグカメラ(以下、Furbo)の販売を開始しました。同時に、当製品に対応する新サービス「スマートドッグ通知」を開始します。本日より対象ユーザーの方は、専用アプリ(iOS/Android対応)のバージョンアップにてご利用いただけます。



 Furboは、スマホの専用アプリ(iOS/Android対応)を通じて、いつでも、どこにいても、お留守番している愛犬の様子を見たり、話しかけたり、おやつをあげて遊ぶことができるドッグカメラです。この度、発表した新世代Furboは、業界初の“犬”の顔認識が可能なAIを搭載したドッグカメラとなります。新サービスの「スマートドッグ通知」により、Furboが24時間留守番している愛犬の様子を確認し、愛犬の様々な活動の変化を通知することが可能になりました。「スマートドッグ通知」は次の3つの機能があります。 1)愛犬がFurboに近づいた場合に自動で撮影を行い、プッシュ通知であなたのスマホに撮影された様子が送られてくる「ドッグセルフィー通知」、 2)家の中をうろうろ動いているときや、イタズラしているとき、おもちゃで遊びまわっているときなどの活動の変化を認識し、スマホに自動通知する「ドッグアクティブ通知」、 3)外出中に家族などの人間が映り込んだ際にも、その瞬間の写真とともにスマホに通知を行う「ファミリー通知」です。

 これまで飼い主がスマホを見ていない時間でも、留守中の愛犬が吠えた際に自動通知を行う「わんわん!通知」を提供していましたが、本サービスの開始に伴い、Furboが仮想ペットシッターのように機能し、リアルタイムで愛犬の異常な行動や、可愛らしい瞬間をプッシュ通知することが可能になり、今まで以上に、飼い主の皆様が抱える愛犬のお留守番への不安を解消できるよう進化いたしました。

 今後は、AIの機械学習とFurboをご利用いただいている世界中の愛犬の行動データをストックし、愛犬のさまざまな動作や症状、行動の変化、感情の変化などをアラート通知できるようサービスの拡充を続けてまいります。
[画像1: (リンク ») ]

[画像2: (リンク ») ]


NEW「Furbo ドッグカメラ」概要
Furbo ドッグカメラは、外出先からお留守番している愛犬の様子を見たり、話しかけたり、おやつをあげて遊ぶことができます。愛犬家の共通の悩みである愛犬のお留守番の不安を解消し、愛犬との「離れていても、いつでも一緒。」を叶えるAI搭載のドッグカメラに進化。その他、画質なども改善された改良モデルとなります。
[画像3: (リンク ») ]


■より高画質で高品質なカメラを搭載
フルHD 1080p カメラ搭載 (4倍ズーム可能)
■さらにワイドアングルに対応
視野角160°に拡張 (暗視可能)
■大容量のおやつコンテナを実装
ボーロサイズのおやつ約100個充填可能
■AI搭載で愛犬のお留守番時の活動を通知可能に

商品名 : Furbo ドッグカメラ
価 格 : 税込 27,000円(定価)
公式サイト: (リンク »)

NEW「スマートドッグ通知」機能概要
AI搭載のFurboに対応した、お留守番中の愛犬の様子をリアルタイムでスマホに自動通知する新サービスです。11月17日(金)より専用アプリ(iOS/Android対応)から、ご利用いただくことができます。 ※FBCHから始まるシリアルナンバーのFurboに対応しております。


[画像4: (リンク ») ]

1) ドッグセルフィー通知
愛犬がFurboに近づいた場合、自動で撮影を行い、プッシュ通知であなたのスマホに撮影された様子が送られてきます。本機能により、愛犬が遊んで欲しい時や、おやつが欲しい瞬間を認識することが可能になります。

2) ドッグアクティブ通知
愛犬の自宅での活動を感知して、その様子を自動で撮影し、スマホに自動通知します。具体的には、家の中をうろうろ動いているとき、イタズラしているとき、おもちゃで遊びまわっているときなどの活動の変化を認識し、お留守番している愛犬の様子や分離不安の兆候を察知することができます。

3) ファミリー通知
Furboは犬だけでなく、家族などの人間が視界に入った場合も、自動でスマホに通知します。家族が帰宅して愛犬の面倒を見ている瞬間が分かるだけでなく、不審者などの侵入も認識できるため、お留守番の不安解消だけでなく、防犯対策としても機能します。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]