学徒出陣調査事業最終報告・展示会「法政大学と出陣学徒」12月8日(金)市ケ谷キャンパスで開催 -- 展示会は12月1日(金)より開催

法政大学 2017年11月20日

From Digital PR Platform




法政大学史委員会(委員長:馬場憲一現代福祉学部教授)・法政大学史センターは、「法政大学と出陣学徒―「法政大学と出陣学徒」事業 最終報告会―」と題し、同大市ケ谷キャンパス内で報告会・展示会を開催する(参加費無料、事前予約不要)。




 法政大学の学徒出陣に関するシンポジウム(報告会)としては、「学び舎から戦場へ-学徒出陣70年法政大学の取り組み-」(2013年12月16日)、「戦後70年 法政大学と出陣学徒ー記憶と記録」(2015年11月23日)に続いて3度目となる。


 法政大学では、同大における「学徒出陣」の実態を明らかにするため、2012年度より「法政大学と出陣学徒」と題する調査研究事業を立ち上げ、40人以上の同大出身学徒出陣経験者へのインタビューなどを実施してきた。今回はその最終報告書刊行を記念し、本事業を通じて何が判明したのか、調査に携わった法政大学史委員会メンバーが報告する。


 また、同時開催の展示会では、法政大学の学徒出陣にかかわり収集した史資料の展示も行う。

【報告会概要】
■日時:2017年12月8日(金)17:30~19:30(開場17:20)
■会場:法政大学市ケ谷キャンパス 外濠校舎S505教室(東京都千代田区富士見2-17-1) 市ケ谷駅または飯田橋駅徒歩10分
■プログラム:
 ▼法政大学における学徒出陣調査最終報告 報告:馬場憲一(法政大学史委員会委員長/現代福祉学部教授)
 ▼調査に携わった大学史委員会メンバーによる座談会
  登壇者: 馬場憲一(現代福祉学部教授)、根崎光男(人間環境学部教授)、高栁俊男(国際文化学部教授)、小林ふみ子(文学部教授)、奥武則(元社会学部教授)、古俣達郎(法政大学史センター専門嘱託)
  司会: 鈴木智道(社会学部准教授)

■申込:参加費無料、事前予約不要。


【展示会概要】
■会期:2017年12月1日(金)~12月20日(水)
■会場:法政大学市ケ谷キャンパス 外濠校舎6階展示スペース

▼本件に関する問い合わせ先
法政大学史センター
秋山・古俣
TEL:03-3264-6501
FAX:03-3264-6504
メール:daigakushi@hosei.ac.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。