人工知能(AI)を活用した次世代のプロジェクト管理ツール「Commu (コミュー)」が正式版をリリース!

株式会社 Curious Edge 2017年11月22日

From PR TIMES

ユーザの利用シーンに応じ自動で学習しカスタマイズ。チャットUIでチーム力を活性化!

この度「Commu (コミュー)」は正式版としてサービスのご提供を開始いたしました。チケット、wiki、ガントチャートなどの機能に加え、独自のアルゴリズムを用いたチャットUIによってプロジェクト管理をサポートします。
(URL: (リンク ») )



[画像1: (リンク ») ]


■ Commuのコンセプト
Commuは「本気でプロジェクトを完了させたいエンジニア・デザイナー」のために開発されたプロジェクト管理ツールです。
Commuを導入することで日本のエンジニアやデザイナーがよりクリエイティブな作業に集中できるように、プロジェクト管理をシンプル且つ明瞭にするための機能や工夫を探求しております。

■ チケット、wiki、ガントチャートなどプロジェクト管理に必要な機能を網羅

[画像2: (リンク ») ]

Commuでは通常のプロジェクト管理ツールが持つチケットシステム・Wiki・ガントチャートといった機能を提供しています。また、エンジニアにはうれしい「Markdown記法の対応」、過去の関連しそうな内容のチケットを提示してくれる「類似チケット機能」、並行する複数案件をそれぞれ管理できる「マルチプロジェクトへの対応」など、プロジェクト管理の促進を強化するためのサポート機能も備えております。

■ チャットUIでプロジェクト管理を加速させる
「チケットが更新されずに放置状態に...」「チケットの数が増えると埋もれてしまう...」
このような既存のチケット方式のプロジェクト管理サービスにありがちな課題に対し、Commuでは、独自のアルゴリズムにより、必要な情報を適切なタイミングでユーザへお知らせします。それらの通知はCommuを使うほどにユーザの行動を基に自動で最適化されます。
また、自分が関わるチケットに誰かからコメントやアクションがあれば、チャットUIにリアルタイムでお知らせが届き、そのままチャットUI上で必要なメンバーだけに即返信したりステータス更新も可能です。チームのコミュニケーションとプロジェクトの進行を共に促進させます。

■Commuが目指す未来
[画像3: (リンク ») ]

Commuは「世の中の未完プロジェクトを0にする」ことをミッションとして掲げ、Commuを活用することでチームが成長し、プロジェクトがより最適化されることを目指しています。
その実現のために、今後はCommuへ蓄積されていくデータと弊社の持つ人工知能や機械学習の先端技術ナレッジを掛け合わせ、プロジェクト管理におけるパーソナルアシスタントとしての役割を発揮できるような、より良いサービスへと常にアップデートしていきたいと考えています。
「自動レポート化」や「チーム分析」などの機能の実装、また「プロジェクトの解析」や「マネジメントのコンサルティング」と言った面でのサポート強化を見据えて開発を続けてまいります。
“人工知能(AI)を活用した新しいプロジェクト管理ツール、Commu”の更なる進化にご期待ください。

■ 運営会社からのメッセージ
私たちCurious Edgeは『3年後の技術を獲得する』として先端技術の獲得を進めてきた会社です。
これまで培った先端技術を活用し、皆さまの生き方さえも変えてしまうようなサービスをリリースしてゆきたいと考えております。
より良いサービスの開発に努めるとともに、さらなる事業拡大、発展に邁進してまいります。
今後ともどうぞ宜しくお願い致します。

■ サービス概要
人工知能(AI)を活用した次世代のプロジェクト管理ツール|Commu(コミュー)
(リンク »)

Commu Facebookページ:
(リンク »)
Commu Twitterアカウント:
(リンク »)

■ 会社情報
社名 : 株式会社 Curious Edge
住所 : 東京都港区芝浦 1-8-1 3,4F
代表 : 代表取締役社長 牧野 勝
URL : (リンク »)
メールアドレス : info@curious-edge.jp
主要株主: 株式会社 Curious Vehicle

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。