聖学院大学学生が、7年目の釜石復興支援ボランティアツアー「サンタプロジェクト7」を企画~釜石市の方々との郷土料理づくりや対話、子どもたちの交流を実施~

聖学院大学 2017年11月25日

From Digital PR Platform




聖学院大学(埼玉県上尾市、学長=清水正之)は、今年(2017年)で7回目となる聖学院大学復興支援ボランティアスタディツアー「サンタプロジェクト7」を12月1日~3日に実施します。




2014年連携協定を締結した岩手県釜石市へ、学生28名、教職員等9名、高校生3名、高校教員1名の計41名が訪問します。釜石市の方々との郷土料理づくり、こどもクリスマス会、鵜住居地区の仮設住宅の清掃、原木椎茸再生に関わるボランティアを行います。
特にこどもクリスマス会は、今回初めて鵜住居生活応援センターでの実施(これまでは鵜住居地区長内集会所)になります。学生たちが紙皿リースづくりやクリスマスの物語の読み聞かせや楽しいゲームを準備しています。また、同行する自由の森学園高等学校の生徒は、夏の釜石よいさ!にも参加したメンバーです。夏にもお会いした鵜住居町第2(A)仮設住宅の清掃と住民の皆さんとの交流会も企画しています。
《釜石市での復興支援ボランティア活動全体としては、年3回のスタディツアーやゼミ教育活動の一環など、これまで学生・教職員あわせて述べ参加600名を突破》

■聖学院大学復興支援ボランティアスタディツアー「サンタプロジェクト7」
活動場所/岩手県釜石市鵜住居町、橋野町 ほか
参加者/学生28名、教職員等9名 高校生3名 引率教員1名 計:41名
実施期間/2017年12月1日(金)~12月3日(日)

プログラム概要(予定)
◆12月1日(金)
事前学習会(大学)後、バスにより釜石に向けて出発



◆12月2日(土)
<9:45~14:00>
地元郷土料理づくりを体験。一緒に調理・昼食をとりながらレシピ製作のための取材活動を行います(会場:橋野ふれあいセンター)
別行動の原木しいたけボランティアは、農場の整備活動を行います
<15:30~17:00>
「みんなでかだっぺし」 仮設住宅にお住まいの方やお世話になっている釜石の方々と交流(鵜住居生活応援センター)



◆12月3日(日)
<9:15~11:30>
3グループに分かれて、こどもクリスマス会(鵜住生活応援センター)/仮設住宅清掃/高校生企画による仮設住民との交流会(鵜住居第二仮設A談話室)


※取材をご希望の場合は、事前にお問い合わせください

▼本件に関する問い合わせ先
広報部 広報課
吉岡、松崎
住所:埼玉県上尾市戸崎1-1
TEL:048-780-1707
FAX:048-725-6891
メール:pr@seigakuin-univ.ac.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]