多摩美、アアルト大学、フィンランドセンターが21_21 DESIGN SIGHTギャラリー3交流プログラム「Discovery in Process」を開催

多摩美術大学 2017年11月29日

From Digital PR Platform




多摩美術大学とフィンランドのアアルト大学、フィンランドセンターが21_21 DESIGN SIGHTギャラリー3交流プログラム「Discovery in Process」を12月2日(土)と3日(日)に開催します。




「Discovery in Process」は、21_21 DESIGN SIGHTギャラリー3の交流プログラムとして、フィンランドセンターとの共催により、フィンランド・ヘルシンキのアアルト大学デザイン学科ファッション専攻の学生と、多摩美術大学生産デザイン学科テキスタイルデザイン専攻の学生の作品を展示、発表する大学間コラボレーション企画です。フィンランドと日本の学生たちによる作品とプロフェッショナルを交えたパネルディスカッションを通じ、両国の相互理解と文化交流を深めます。

「Discovery in Process」
会期:2017年12月2日(土)-12月3日(日)
開館時間:12月2日 16:00-19:00、12月3日 10:00-19:00
入場料:無料
主催:アアルト大学、多摩美術大学、21_21 DESIGN SIGHT、フィンランドセンター

■エキシビション「Discovery in Process - Selected Works」
日時:2017年12月2日(土)16:00-19:00
12月3日(日)10:00-19:00

アアルト大学デザイン学科ファッション専攻から3名の学生が来日し、多摩美術大学生産デザイン学科テキスタイルデザイン専攻の学生らとともに、それぞれのファッションとテキスタイルに関する作品を展示します。また、両専攻で学び、現在東京で活躍するファッションデザイナーの黒沢秋乃のコレクション展示を通して、両国から得られるインスピレーションと素材へのアプローチを学びます。
参加学生
アアルト大学デザイン学科ファッション専攻
ハンナ=マーリア・シンコネン
ティナ・ヴェルビク
エレン・ラヤラ

多摩美術大学生産デザイン学科テキスタイルデザイン専攻
3年:柴田すみれ、下川奈月、中西珠己、山中楓子
4年:安藤美優、位下そよか、大村晋二郎、山田詩音
大学院2年:コウ カイジュン


■パネルディスカッション「Discovery in Process - Educating Creative Fashion Professionals」
日時:2017年12月2日(土)17:30-19:00

スピーカー:
トーマス・ライティネン(アアルト大学デザイン学科講師)
アンナ・エルヴァマー(アアルト大学デザイン学科レジデンス・デザイナー)
富永 航(ファッションデザイナー)
黒沢秋乃(ファッションデザイナー)
川上由綺(テキスタイルデザイナー)
モデレーター:山崎潤祐(FREE MAGAZINEエディター)
言語:英語(日本語通訳あり)
参加費:無料、予約不要(ただし立ち見になります)


▼本件に関する問い合わせ先
多摩美術大学 上野毛キャンパス
総合企画室 担当: 黒田
住所:〒158-8558 東京都世田谷区上野毛3-15-34
TEL:03-3702-1168
FAX:03-3702-9416
メール:kikaku@tamabi.ac.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。