インフォア、ガートナー社の2017年のEAMのマジック・クアドラントにおいてリーダーの評価を獲得

インフォアジャパン株式会社 2017年11月30日

From DreamNews

インフォア、ガートナー社の2017年のEAMのマジック・クアドラントにおいてリーダーの評価を獲得
~インフォアのビジョンおよび実行能力の高さが認められる~

デザイン性の高い業界特化型ビジネスアプリケーションをクラウド上で展開する米インフォアは、ガートナー社の2017年のエンタープライズ アセット マネジメント ソフトウェア(EAM、企業設備資産管理)のマジック・クアドラントにて「リーダー」に位置づけられたことを発表しました(*1)。

ガートナー社は次のように述べています。
「リーダーに位置付けられた企業は、独自性の高いビジョンともにオピニオンリーダーとしての強い実行能力を有しています。EAM市場のリーダー企業は、高評価を獲得する割合が多く、評価自体も多く得ています。こうした企業は、堅牢なコア機能と、必ずしも最先端とは限らないまでも、幅広い分野で求められる合理的な機能を提供しています。リーダー企業になるためには、EAMアプリケーションのカバーする範囲の広さや専門性の高さが必ずしも最高レベルである必要はありません。複雑化する業界において、大幅なカスタマイズなくほぼすべての主要要件に対応できること、そしてその妥当性を実証できる実績があることが必須です。また、顧客や需要、市場、テクノロジーの動向を予測し、実際に顧客から要求される前に予め対応しているような戦略を持つことが求められます。先進的なベンダーは、IoTやOT(運用技術)の統合、APM(資産パフォーマンス管理)に対応するための一貫した戦略を持つべきであり、イノベーションに投資し、活用するためのプロセスを用意しておかなければなりません。リーダー企業は、所属する地域だけでなく国際的にも、勢いを持ち、顧客からの満足度も高いです。なぜなら、最先端かつ複雑な顧客へ対応することでリーダー企業は確立され、最前線の顧客から最新の需要に関する情報を得られるからです。」(*1)

Infor EAMは、クラウドとオンプレミスで提供する、資産のパフォーマンス改善を支援するための豊富な機能をあらかじめ組み込んだ、業界特化型の設備資産管理ソリューションです。予測的および予防的なテクノロジーを採用することで、設備資産の寿命の延長と生産性の向上を実現します。また、あらゆるモバイルやOS、画面サイズに対応することで、現場の情報に基づいた意思決定を支援します。

米インフォア、グローバル・パブリックセクター担当シニア・バイスプレジデントのケビン・カリー(Kevin Curry)は、次のように述べています。
「インフォアは、拡張性がいかに重要であるかを認識し、複雑なビジネス環境の中で組織が成長、変化、進化する過程をサポートできる最新のソフトウェアシステムが必要だと考えています。」

米インフォア、Infor EAMテクニカル製品エヴァンジェリストのケビン・プライス(Kevin Price)は、次のように述べています。
「ガートナー社にリーダーとして位置づけられたことは、インフォアがお客様に対して、売上増化には設備資産のパフォーマンスが重要だと訴求していることを裏付けるでしょう。」
さらに詳しい情報は、 (リンク ») をご覧ください。

※1 ガートナー社の2017年エンタープライズ アセット マネジメント ソフトウェアのマジック・クアドラント、 2017年11月9日発行、Kristian Steenstrup 、Nicole Foust共著より

※当リリースは2017年11月20日に米国で発表されたリリースの抄訳をベースにしています。
(リンク »)

■マジック・クアドラントについて:
ガートナーは、ガートナー・リサーチの発行物に掲載された特定のベンダー、製品またはサービスを推奨するものではありません。また、最高の評価を得たベンダーのみを選択するようテクノロジーの利用者に助言するものではありません。ガートナー・リサーチの発行物は、ガートナー・リサーチの見解を表したものであり、事実を表現したものではありません。ガートナーは、明示または黙示を問わず、本リサーチの商品性や特定目的への適合性を含め、一切の保証を行うものではありません。

■インフォアジャパンのソーシャルメディア:
インフォアジャパンのFacebook ( (リンク ») ) インフォアジャパンのYouTube ( (リンク ») )

■インフォア、インフォアジャパンについて:
インフォアは、業界特化型のビジネスアプリケーションをクラウドで提供しています。16,000人を超える社員が、170か所以上の地域で90,000以上のお客様を支援しています。インフォアのソフトウェアは、お客様の業務の進化に向けたデザインとなっています。さらに詳しくはwww.infor.com(英語)をご覧ください。
インフォアジャパンは、米国インフォアの日本法人として、各種エンタープライズ・ソリューションの販売、導入、コンサルティングを行っています。詳しくは www.infor.jpをご覧ください。


【報道機関のお問い合わせ先】
インフォアジャパン株式会社 広報担当:福嶋
TEL:03-4520-0700
E-Mail:japaninfo@infor.com

インフォアジャパン株式会社 PRデスク(株式会社アクティオ内)
担当者: 垣本、高野、福澤 TEL:03-5771-6426
E-mail: Inforjapan-pr@actioinc.jp


関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]