学習院大学が講演会「創作と翻訳の大海を航く -- 角田光代の言葉の世界」 を開催

学習院大学 2017年12月04日

From Digital PR Platform




学習院大学文学部英語英米文化学科では、12月13日(水)に講演会「創作と翻訳の大海を航く―角田光代の言葉の世界」 を開催する。『八日目の蝉』や『紙の月』で知られ、『源氏物語』の現代語訳にも取り組んでいる作家・角田光代氏と、翻訳家・書評家の鴻巣友季子氏を招き、創作と翻訳について話し合っていただく。入場無料・申込不要。






「創作と翻訳の大海を航く―角田光代の言葉の世界」

日時: 2017年12月13日(水)18:00-19:30
場所: 学習院大学 中央教育研究棟3階301教室
(キャンパスマップはこちらから: (リンク ») )
※入場無料・申込不要

講演内容:
 作家・角田光代さんはその作品が幾つも外国語に翻訳されており、ご自身もいま『源氏物語』の現代語訳に取り組まれています。この度は、日本を代表する翻訳家にして書評家の鴻巣友季子さんと共に、創作と翻訳、またその関係性について、存分に話し合って頂きます。

主催: 学習院大学文学部英語英米文化学科
共催: 学習院大学文学会

▼本件に関する問い合わせ先
学習院大学文学部英語英米文化学科
TEL:03-5992-1097
メール:eng-off@gakushuin.ac.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。