Dr.Web 11.0 for UNIXに含まれるコンポーネントをアップデート

株式会社Doctor Web Pacific 2018年02月26日

Doctor Webは、Dr.Web Anti-virus for Linux、Dr.Web Anti-virus for UNIX mail Servers、Dr.Web Anti-virus for UNIX file servers、Dr.Web Anti-virus for Internet gateways UNIX ver.11.0に含まれるdrweb-filecheck、およびDr.Web Anti-virus for Internet gateways UNIX ver.11.0に含まれるdrweb-icapdをアップデートしました。今回のアップデートでは、発見されたエラーが修正され、新しい機能が加えられました。

###

drweb-filecheckでは、フォルダ内に格納される長い名前を持つファイルをスキャンできないエラーが修正されました。

drweb-icapdでは、HTTPリクエストのヘッダーが付いていないRESPMODリクエストをサポートするために、必要な変更が加えられました。

今回のアップデートはDr.Webリポジトリ経由で実行されます。

詳細は以下をご覧ください。
(リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

株式会社Doctor Web Pacificの関連情報

株式会社Doctor Web Pacific

株式会社Doctor Web Pacificの記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。