芝浦工業大学 -- 世界14大学から11カ国78人の学生が企業・団体の課題に取り組むPBLを実施 ~訪日外国人向けサービスや少子化対策など、社会課題に技術提案~

芝浦工業大学 2017年12月11日

From Digital PR Platform




芝浦工業大学(東京都港区/学長 村上雅人) は、大宮キャンパスを拠点に2017年12月12日から20日までの9日間、海外協定校や国内他大学の学生とプロジェクトチームを作り、企業や団体が抱える「解決したい課題」の解決策を考えるグローバルPBL(Project Based Learning)を実施する。




 これは、国際的・学際的なプロジェクト演習を通して、総合的な課題解決力を備えた人材育成を目指すもの。日本を含む世界8カ国14大学から、11カ国出身の78人が6人程度のグループを作り、訪日外国人に向けたサービスや少子化対策、次世代モビリティといったテーマをそれぞれ選択し、現地調査のうえ経済性まで考えた技術提案をする。12月19日に企業や団体へ最終プレゼンを行い、20日には学習効果の可視化ができる試験(PROG、CEFR)を実施し、成果のフィードバックを行う。


◆ポイント
(1)9つの企業・団体がプロジェクトテーマを提供(次世代モビリティ技術や企業別新製品開発へのアイデア、訪日外国人に向けたサービス、少子化対策など)
(2)複数の企業・団体が施設見学やフィールドワークの受入に協力
(3)アイデア提案やシミュレーションで終わらせず、アプリケーションなどの試作やデモまで取り組む


◆概要
 異なる専門分野と多様な文化・価値観を持った学生が集まり、各チームでグローバルな視点からプロジェクトテーマへの解決策を考え、提案を行う。日本からは芝浦工業大学生33人(うち6人は留学生)と愛媛大学生3人、東京電機大学生1人に獨協大学生1人の学生、合計38人が参加(TA含む)。フィールドトリップ(栃木県日光市)や工場見学(三菱ふそうトラック・バス株式会社)も実施する。



◆ねらい
 現場での調査からアイデアを練り、経済性も含めて検討・提案する力を身につけることを目指す。各プロジェクトにおいて、グローバルな視点・文化・価値観など、さまざまな要素を取り入れながら1つの提案としてまとめていくプロセスを通じ、世界を舞台に仕事をする上で必須となるコミュニケーション能力、課題解決能力、リーダーシップを涵養する。



◆スケジュール概要
開催期間:2017年12月12 日(火)~ 12月20日(水)
場  所:芝浦工業大学大宮キャンパス、さいたま市内各所、栃木県日光市、那須郡那須町
参加学生:参加大学8カ国14大学、出身国11カ国出身78人(TA含む)
  日本:芝浦工業大学33人(日本27人、留学生:タイ3人、ベトナム1人、マレーシア1人、中国1人)、愛媛大学3人、東京電機大学 1人、獨協大学1人
  インド:Indian Institute of Technology, Madras 3人、Indian Institute of Technology, Kanpur 1人
  インドネシア:Institute of Technology Sepuluh Nopember 6人
  マレーシア:Universiti Tunku Abdul Rahman 1人、Universiti Utara Malaysia 3人(タイ1人、イラク1人含む)
  シンガポール:National University of Singapore 4人(ベトナム1人含む)
  タイ:King Mongkut's University of Technology Thonburi 10人、Suranaree University of Technology 5人(カンボジア1人、中国1人含む)
  ベトナム:Hanoi University of Science and Technology 5人
  モンゴル:Institution of Engineering and Technology 2人
プロジェクトテーマ提供:(1)カネパッケージ株式会社 (2)埼玉県 (3)一般財団法人埼玉水道サービス公社
             (4)株式会社栄精機製作所 (5)自然電力株式会社 (6)株式会社ドラEVER
             (7)栃木県 (8)東日本電信電話株式会社 (9)株式会社本田技術研究所


◆スケジュール詳細
12月12日(火)午前 開講式、オリエンテーション 
        午後 ウェルカムパーティー、プロジェクトテーマ発表、チーム編成(課題の決定)
12月13日(水)フィールドトリップ(日光東照宮、那須高原研修施設)
12月14日(木)栃木県那須郡那須町でフィールドワーク(地域リソース調査、グループワーク)
12月15日(金)三菱ふそうトラック・バス株式会社の研究所見学
12月16日(土)デザインレビュー(プレゼンテーション)、グループワーク
12月17日(日)グループワーク
12月18日(月)グループワーク
12月19日(火)午前 最終プレゼンの準備、経費報告
        午後 最終プレゼンテーション(13:10~17:00)、フェアウェル・パーティー
12月20日(水)午前 PROGテスト、工学系CEFR-based CAN-DO Listによる学修成果測定
        午後 修了証授与、閉講式



▼本件に関する問い合わせ先
 芝浦工業大学 経営企画部企画広報課
 担当: 豊田
 TEL: 03-6722-2900
 E-mail: koho@ow.shibaura-it.ac.jp

【リリース発信元】 大学プレスセンター (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]