「SensorCorpus」がIFTTT経由で各種AIスピーカーと連携

株式会社インフォコーパス 2017年12月13日

From PR TIMES

インフォコーパスは、IoTプラットフォーム「Sensorcorpus」が各種AIスピーカーとIFTTTを経由して連携することを発表いたします。



 株式会社インフォコーパス(代表取締役社長:鈴木潤一、本社:東京都目黒区、以下インフォコーパス)は、エンタープライズIoTプラットフォーム「SensorCorpus(センサーコーパス)」が対話型の音声操作に対応するAIアシスタントを搭載したスマートスピーカー(以下、AIスピーカー(*1))とIFTTTを経由して連携することを発表いたします。

[画像: (リンク ») ]


 AIスピーカーの登場により、人々の日常における生活行動やビジネスが進化しつつあります。画面タッチやキーボード操作などの「手」を動かさずに「音声」のみで操作可能となるAIスピーカーと「SensorCorpus」が連携することで、例えば作業員による手入力の手間を削減し、製造現場全体の作業効率を上げることができるようになります。

 各種AIスピーカーとは、IFTTT(*2)を経由して連携いたします。拡張性と柔軟性が求められるIoTシステムにとって、数多くの外部サービスと有機的に接続することを可能とするIFTTTは非常に有用です。インフォコーパスはIFTTTを経由して今後様々なサービスとの連携対応を進めていく予定です。

 尚、2017年12月13日~15日にかけて開催される「SEMICON(R) JAPAN」の「World of IoT」において、「SensorCorpus」と「Google Home」の連携デモを展示する予定です。

 インフォコーパスは、様々なモノや情報、サービスをつなぐことによって、IoTを活用したより良い社会づくりに引き続き貢献してまいります。


(*1)AIスピーカーは、Googleの「Google Home」やAmazon.com, Inc.の「Alexa」などに代表される、対話型の音声操作に対応したAIアシスタント機能や無線通信機能を搭載したスピーカーです。様々なサービスやプラットフォームとの互換性をもち、音声再生以外にも様々な用途での活用が期待されています。

(*2)IFTTTは、「アプレット」と呼ばれるルールを作成し適用することで異なる複数のサービス間でのデバイスやアプリケーションをつなぎ操作を自動化できるサービスです。IFTTTというサービス名称は「If This, Then That」の頭文字をとっています。


【本件に関するお問い合わせ】
 株式会社インフォコーパス
 マーケティング担当: 高橋
 Tel : 03-5734-1830
 Email : contact@sensorcorpus.com

※ 本プレスリリースに記載されている会社名、 製品名、 サービス名は、各社の商標または登録商標です。

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]