文学系大学教員として初受賞 ''ITU Kaleidoscope2017''会合において''Best Paper Award''を受賞 -- 大谷大学

大谷大学 2017年12月13日

From Digital PR Platform




大谷大学(京都市北区小山上総町/学長:木越 康)の上田敏樹准教授と元教授の池田佳和氏が、''ITU Kaleidoscope2017''会合において発表した共著が“Best Paper Award”を受賞した。




11月27日(月)~29日(水)に中国南京市にて開催された''ITU※ Kaleidoscope2017''会合において、本学人文情報学科の上田敏樹准教授と本学元教授の池田佳和氏が発表した共著''Socio-economics and educational case study with cost-effective IoT campus by the use of wearable, tablet, cloud and open e-learning services Toshiki Ueda,Yoshikazu Ikeda (Otani University, Japan)''が、''Best Paper Award''を受賞した。


''ITU Kaleidoscope''会合は、スイス、ジュネーブに本部を置く、国際連合の電気通信に係る専門機関であるITUが2008年から毎年(2012年は除く)世界の都市で開催している会合である。
目的は、ITUの電気通信に関する標準化活動の推進であり、研究機関や大学などのアカデミアからの参加により、長期的な観点での標準化活動に加え最先端の研究課題を取り込むことを目標としたITU主催の会合で、急速に変化する技術革新に長期に渡り対応する狙いから『万華鏡』を意味するKaleidocopeと名付けられている。
毎年1回開催されるこの国際学術会合では特定のテーマを決めて論文の募集を行い、査読審査を経て採択された論文および招聘論文の発表とその後の質疑応答がなされる。今年の第9回会合は「Challenges for a data-driven society」をテーマとし、ITUの事務総局長Zhao氏の出身大学である南京郵電大学の主催により、中国の南京で開催された。



本会合の特徴の一つとして、上位3件の論文および発表に対する最優秀論文賞(Best Paper Award)として賞金が授与されるが、上田准教授と池田氏が発表した論文は第2位の最優秀論文賞に選ばれた。



これまでも日本からの投稿者が受賞しているが、いずれも、研究機関や技術系大学からであり、文学系大学所属の教員としての受賞は初めてとなる。



※ITU(International Telecommunication Union:国際電気通信連合)は国際連合傘下の専門機関(WHO、ユネスコやILOと同じ位置付け)であり、情報通信の技術やサービスの国際標準の策定や途上国へのICT支援などを任務とする。国際電話の標準化、無線周波数の国際的管理や、人工衛星の静止軌道の割り当てなども行っている。本部はスイス、ジュネーブにある。


▼参考URL
(リンク »)
▼大学HP受賞記事
(リンク »)





▼本件に関する問い合わせ先
企画・入試部 企画課
平岡 涼
住所:603-8143 京都市北区小山上総町
TEL:075-411-8115
FAX:075-411-8149
メール:kikakuka@sec.otani.ac.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]