横浜高島屋にて、相鉄と沿線の100年を振り返る、『いま、むかし、みらい 大相鉄展』を12月16日(土)から12月25日(月)まで開催!

株式会社高島屋 2017年12月15日

From Digital PR Platform


2017年12月18日。相鉄グループは創立100周年を迎えます。

相模鉄道を中心とする相鉄グループは、交通インフラを担い、
横浜駅西口をはじめとした沿線開発を推し進め、
商業施設を展開するなど、地域の方々の暮らしと共に歩んできました。
その中でも、とりわけ横浜駅西口の賑わいは相鉄グループと共に発展し、
拡大してきました。現在、相鉄グループは都心への相互直通運転を
控えるほか、ホテル事業の全国展開など広がりを見せています。

このたび、相鉄グループの創立100周年を記念して、
その100年の歴史とこれからの未来について、
写真パネルや関連資料を一堂に展示する、
同グループによる初の大規模な展覧会を開催します。
相鉄グループの電車とバスの魅力をより身近に感じていただくために、
100年の歴史を物語る写真・資料を展示し、各種体験コーナーを開設するほか、
多数の撮影スポットをご用意し、幅広い年代の方にお楽しみいただける
内容で構成します。あわせて、相模鉄道キャラクター「そうにゃん」のグッズ
など、本展限定販売商品を含む相鉄グッズを会場にて販売します。

本展の主な構成内容

(1)相鉄グループ100年の歴史を写真パネルで紹介
(リンク »)   (リンク »)
相鉄線沿線の街の変遷、横浜駅西口の変容、
相鉄線の駅と車両の歴史、未来に向けた取り組みなどを、
写真と資料でご紹介。鉄道会社ならではのアングルの
写真もお楽しみいただけます。

(2)相鉄線と相鉄バスに関する実物資料を展示
(リンク ») ●相鉄線の運転士が使う「実物」の
シミュレーターを会場に置いて、運転士による
デモンストレーションをご覧いただきます。

他に、相鉄線の歴代制服、相鉄線運転士の
カバンの中身のご紹介、相鉄線の座席や相鉄バスの方向幕なども展示します。



●また、相鉄線新型車両の運転席から見た風景を、VR(バーチャルリアリティ映像)でご覧いただく
体験も。

(3)駅の「落し物拾い」や合図灯使用など「鉄道員の仕事を体験」できるコーナー
鉄道信号機、踏切非常ボタン、鉄道車両方向幕などを展示。鉄道をより身近に感じていただけるコーナー。

(4)コンプリートしたくなる!撮影スポットがたくさん!
(リンク »)
・相模鉄道キャラクター「そうにゃん」をイメージしたオリジナル吊り革を展示(通常は1車両に2カ所。写真左の吊り革)

・相模鉄道、相鉄バスの制服の貸し出し(会場内での撮影が
可能)









(5)相模鉄道の現役社員が作った「鉄道ジオラマ」作品の展示
(リンク »)
相鉄線の駅を舞台に新旧の相鉄線を並べた
作品を作り続けている相模鉄道の現役社員
石川陽一氏。
ほっこりする温かみがあり、どこか懐かしい作品全15点を展示します。






(6)カメラマン、ハービー・山口氏が撮影したミニ写真展
鉄道や路線バスをはじめ、スーパーマーケット、ホテル、ビル管理など、
地域の人々の暮らしにさまざまな形で関わっている相鉄グループ。
その相鉄グループ各社で働く社員のイキイキとした表情を、
有名アーティストのジャケット写真などを多く手がけると共に
市井の人々の表情を捉えるモノクロ写真でも名高い
人気カメラマンハービー・山口氏が撮影した写真(10点予定)を展示。
地域の人々の日々の暮らしをいわば裏方としてさまざまな仕事で
支えている相鉄グループ社員を主役に据えた、ミニ写真展です。

(7)「みらいの相鉄、わたしのまち こども絵画コンクール」応募作品の紹介
2016年の夏に実施された「こども絵画コンクール」の応募作品(一部)を紹介。
同コンクールは子どもたちが未来の相鉄線、
沿線の街を想像して描いたものです。
相鉄グループのリアルな歴史と現在の取り組みを紹介する展覧会に併せ、
子供たちの夢見る未来の相鉄をご覧ください。
※絵画コンクールは2016年7月から8月まで募集、
中学生以下のお子さま869人が応募し、2016年11月に優秀作の表彰式を実施。
その後、相鉄線の電車内で2016年12月から2017年1月にかけ、全作品を展示。

(8)グッズ販売コーナー
「そうにゃん」グッズをはじめ、会場限定販売・本展先行販売のグッズや、
相模鉄道と相鉄バスのグッズを販売します。

<会場限定販売予定商品の一例>
★「SOTETSU 100th そうにゃんぬいぐるみ」限定数量400個
(リボンカラー 紺・エンジの2色を各200個)。

★クリアファイル

<会場先行販売予定商品の一例>
(リンク »)

★新商品「プラレール相模鉄道20000系」を、12月20日より会場にて販売。
数量に限りがあります。売り切れの際は、
ご容赦ください。


(9)来場記念プレゼント
本展オリジナル「切符風記念硬券」をお一人様1枚プレゼント(枚数限定)。
相鉄の鉄道マンによる、懐かしい「入鋏」サービスも実施予定。
(乗車券、入場券ではありません)
※「入鋏」サービスは連日午後7時30分まで。最終日は午後5時30分まで。


いま、むかし、みらい
大相鉄展
相鉄と沿線の100年、その未来。

期  間:2017年12月16日(土)~12月25日(月)
会  場:横浜高島屋 8階特設会場
主  催:相鉄グループ、 神奈川新聞社
       ※ご入場時間:午前10時~午後7時30分。午後8時閉場。
        12月16日(土)・20日(水)~24日(日)は午後8時まで(午後8時30分閉場)
        12月25日(月)は午後5時30分まで(午後6時閉場)
協  力:三菱プレシジョン(株)、(株)日立製作所、朝日新聞フォトアーカイブ、大成建設(株)、
      (株)佐藤印刷所ほか
入場料:無料

問い合わせ先:横浜高島屋 045-311-5111(代)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]