Supermicroが先進的なリソース節約によって画期的な分散システムを導入

Super Micro Computer, Inc.(スーパーマイクロ・コンピュータ) 2017年12月19日

From 共同通信PRワイヤー

Supermicroが先進的なリソース節約によって画期的な分散システムを導入

AsiaNet 71583 (2072)

【サンノゼ(米カリフォルニア州)2017年12月18日PR Newswire=共同通信JBN】
*新しい分散リソース節約型のオープンアーキテクチャーと革新的なBattery Backup Power(BBP(R))テクノロジーは、初期ハードウエア取得費用、将来のハードウエア・アップグレード費用、電力消費の大幅軽減を提供

エンタープライズコンピューティング、ストレージ、ネットワーキングソリューション、グリーンコンピューティング・テクノロジーのグローバルリーダーであるSuper Micro Computer, Inc.(スーパーマイクロ・コンピュータ、NASDAQ: SMCI)は18日、データセンターのリソースをより効率的にする新しく画期的なオープン分散サーバー・アーキテクチャーを拡大した。

Photo - (リンク »)

We Keep IT Green(R)(われわれはITをグリーンに保つ)ミッションを次のレベルに引き上げるため、Supermicroの分散リソース節約型システムは、既にフォーチュン100社の一部で大規模展開されている。新しいSupermicroの分散6U SuperBladeは主要なサーバー・サブシステム間の相互依存を解放し、CPU+メモリー、I/O、ストレージ、電力/冷却の個別アップグレードを可能にする。これから各コンポーネントは最適な時間にリフレッシュされ、モノリシック型サーバーのリフレッシュサイクルと切り離され、性能および効率における世代間の向上を最大化する。

Supermicroの分散リソース節約型サーバーは、全く新しいタイプのコンピューティング・プラットフォームを象徴している。1カ所の大規模サーバー展開においては、Supermicroの分散MicroBladeシステムはこのラックスケール設計によって共有インフラストラクチャーを備え、リフレッシュサイクル当たり45%から65%のハードウエアCAPEXを節約して電力/冷却効率で86%の向上を提供する。Supermicroは従来のUPSに取って代わる革新的なBattery Backup Power(BBP(R))モジュールを搭載した設計を拡大している。データセンターはこのBBPモジュールによって典型的なUPSと比較して2%から10%向上した消費電力効率を達成することができ、さらに重要なのはUPS関連の異常を回避し、コスト、稼働時間、信頼性だけでなく、データセンター増築や展開時間を向上させる。BBPモジュールによって時間および費用軽減を含む一層のリソース節約が初期データセンターの設定、増設、展開の際に達成できる。

Supermicroのチャールズ・リアン社長兼最高経営責任者(CEO)は「当社の新しい分散Resource Savingアーキテクチャーは、データセンターのラックに既に展開されている長期耐用年数のサーバー・リソースを置き換えることなく、次世代CPUとメモリーをアップグレードすることを支援する。サーバーシステムの消費電力効率とグリーンコンピューティングのリーダーであるSupermicroは、ネットワーキング、ストレージ、ファン、電源サプライを含むサーバー・エンクロージャーの耐用年数を延長することによって、より一層節約を実現する。その結果として消費電力を軽減し、テクノロジー・リフレッシュサイクルにおける無駄を軽減し、これはコストの節約と次世代のためにわれわれの地球を保全することに役立つ」と語った。

フォーチュン50社に入っているテクノロジー大手の1社は、Power Usage Effectiveness(PUE)1.06のSupermicroの分散リソース節約型MicroBladeサーバー5万台を導入し、同社の高度EDAコンピュート・ニーズをサポートした。PUE 1.49以上で稼働する従来のデータセンターと比べ、この新しいデータセンターは全体のエネルギー効率を88%向上させた。データセンターの増築が35メガワットIT負荷電力で完了すると、同社はデータセンター全体にかかる全エネルギーコストだけで年間1318万ドルを節約することを目標にしている。

新しい6U SuperBlade(R)システムは、この幾つかの分散システム設計が施された1つで、10ないしは14のブレードサーバー、最大28のU.2 NVMeないしは42のSAS SSD、最大4基の25Gないしは10GのEthernetスイッチを搭載する6Uエンクロージャーに、コンピュート、ストレージ、ネットワーキングを統合している。このブレードサーバーは24基のDIMMスロット(2ソケット・ブレード)、12基のDIMMスロット(1ソケット・ブレード)によってインテル(R)Xeon(R)スケーラブル・プロセッサー(最大205ワット)をサポートし、パフォーマンスと効率を最大限発揮する。さらに、このサーバーはM.2 NVMeとインテルOptain(TM)ドライブもサポートする。エンクロージャーは8U/4U SuperBladeおよび6U/3U MicroBladeシステムとして同じEthernetスイッチ、シャーシ管理モジュール、ソフトウエアを使用し、信頼性、サービサビリティー、値ごろ感を向上させている。6U SuperBladeを展開することでケーブル配線を最大90%削減し、リソース節約を達成できる。オプションのBattery Backup Power(BBP)モジュールは、電力異常の際に十分な電力をエンクロージャーに供給する。これは、電力異常に起因する切り替えの際のデータの破損ないしは損失を防ぐので、システムの信頼性を高める。また、安価なUPSソリューションの使用も利用可能なBBPモジュールによって選択肢となる。

6U SuperBladeは有力な密度最適化サーバーでもあり、電気的に活性なデータセンター設置面積において追加のリソース節約を提供する。42Uラック当たり25Gないしは10GのEthernetスイッチを搭載する最大98基のデュアルないしはシングル・ソケット・ブレードサーバーによって、新しい6U SuperBladeシステムは、密度とコンピュート・パフォーマンスが最も考慮されるシミュレーション、CAE、EDA、人工知能(AI)、ERP/CRMなど、幅広いエンタープライズ、クラウド、データセンターのアプリケーションとして最適である。

Supermicroの分散ソリューションのポートフォリオに関する詳細情報は (リンク ») を参照。

Supermicroの高性能・高効率のサーバー、ストレージ、ネットワーキングソリューションに関する詳細情報は、www.supermicro.comを参照。

Supermicroの最新ニュースおよび発表を受け取るには、Facebook( (リンク ») )、Twitter( (リンク ») )でフォローを。

▽Super Micro Computer Inc.(NASDAQ: SMCI)について
Supermicro(R)(NASDAQ: SMCI)は、高性能・高効率のサーバーテクノロジーをリードするイノベーターであり、世界中のデータセンター、クラウドコンピューティング、エンタープライズIT、Hadoop/ビッグデータ、HPC、組み込み型システム向けの高性能Server Building Block Solutions(R)の第一級プロバイダーである。Supermicroは「We Keep IT Green(R)」(われわれはITをグリーンに保つ)イニシアチブを通じて環境保護に尽力しており、市場で入手可能な中でエネルギー効率が最も高く、環境に優しいソリューションを顧客に提供している。

Supermicro、SuperServer、Server Building Block Solutions、We Keep IT Greenは、Super Micro Computer, Inc.の商標ないし登録商標またはその両方である。

Intel、Xeonは米国およびその他の国でIntel Corporationの登録商標である。

その他のブランド、名前、商標はそれぞれの所有者の財産である。

▽問い合わせ先
Michael Kalodrich
Super Micro Computer, Inc.,
MichaelKalodrich@supermicro.com

ソース:Super Micro Computer, Inc.

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]