ル・マンの優勝トロフィーがポルシェ ミュージアムに到着

ポルシェジャパン株式会社 2017年12月21日

From 共同通信PRワイヤー

ル・マンの優勝トロフィーがポルシェ ミュージアムに到着

優勝トロフィーの引き渡しを実施


ポルシェAG(本社:ドイツ、シュトゥットガルト 社長:オリバー・ブルーメ)のポルシェ ミュージアムが、ル・マン24時間レースの優勝トロフィーの新たな展示場所となります。ポルシェは、世界で最も過酷なこの長距離レースで3連覇し、チャレンジトロフィーを永久に保持する資格を得ました。ポルシェ919ハイブリッドを駆り、ル・マンで総合優勝を遂げたワークスドライバーのティモ・ベルンハルト(ドイツ)、ニール・ジャニ(スイス)、ニック・タンディ(英国)、そしてLMP1担当副社長のフリッツ・エンツィンガーが約50kgの優勝トロフィーをポルシェ ミュージアムに寄託するため、ポルシェAG取締役会会長のオリバー・ブルーメとポルシェ AG労使協議会議長のウーヴェ・ヒュックに引き渡しを行いました。このトロフィーは今後、ポルシェ ミュージアムに永久展示されます。

ポルシェLMPチームは、過去4年にわたってFIA世界耐久選手権(WEC)でモータースポーツの歴史を塗り替えました。革新的な900PSのパワートレインを搭載するポルシェ919ハイブリッドは、2014年4月のシルバーストーン6時間レースでデビューして以来、出場したWEC 34レースのうち7回の1-2フィニッシュを含む17レースで勝利を飾りました。20回のポールポジションと13回におよぶ決勝レース中のファステストラップも記録しています。

さらに重要なことは、2つのハイブリッドシステムで駆動されるもっとも先進的なプロトタイプレーシングカーによって、ポルシェはマニュファクチャラーズとドライバーズの両方の世界選手権タイトルだけでなく、2015年、2016年、2017年のル・マン24時間レースで3連覇を達成したことです。

2015年のル・マンでは、F1ドライバーのニコ・ヒュルケンベルク(ドイツ)が、アール・バンバー(ニュージーランド)、ニック・タンディ(英国)とともにこの伝統ある耐久レースで夜間に見せた強力なパフォーマンスによってトップでチェッカーを受けました。翌年には2位を走るロマン・デュマ(フランス)/ニール・ジャニ(スイス)/マルク・リーブ(ドイツ)組がスリリングな追撃でトップにプレッシャーを与え続け、ゴールのわずか数分前にトラブルに見舞われたライバルを逆転して劇的な優勝を果たしました。そして今年の6月には、アール・バンバー(ニュージーランド)/ティモ・ベルンハルト(ドイツ)/ブレンドン・ハートレー(ニュージーランド)組が、序盤のピット作業により後退しましたが、見事な巻き返しに成功してポルシェに19回目のル・マン総合優勝をもたらしました。

ポルシェ919ハイブリッドは、ポルシェが70年にわたる歴史の中で製造した最も複雑なレーシングカーです。800Vのバッテリーテクノロジーや多数の革新的技術によって、未来に向けた重要なイノベーションのための車両実験室としての役割も果たしました。これらのイノベーションは、純粋な電気駆動の未来型スポーツカー、ミッションEの研究のために不可欠な礎を築いています。

ポルシェ919ハイブリッドは11月のバーレーン6時間レースでWECから引退しました。来年は多数のイベントで大々的なフェアウェルツアーを行い、2018年秋にポルシェ ミュージアムへ凱旋いたします。2018年から、ポルシェLMPチームは、フォーミュラEに参入し、成功を収めるという新しいミッションに専念します。ポルシェは2019年末に始まるシーズン6から出場予定で、それまでにチームはパワートレイン全体を設計、開発、およびテストを実施します。






関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]