Conference Seriesのヘルスケア・ミーティング:医師と医療関係者にとってのホットスポット

OMICS International 2017年12月28日

From 共同通信PRワイヤー

Conference Seriesのヘルスケア・ミーティング:医師と医療関係者にとってのホットスポット

AsiaNet 71677 (2117)

【ロンドン、シンガポール2017年12月27日PR Newswire=共同通信JBN】
*OMICS Groupが2018年の会議スケジュールを発表

医学およびヘルスケア団体と伝染病との戦いで力を合わせるという崇高な理想を掲げ、ヘルスケアの新しいトレンドに関する必要な知識を同団体に提供するとともに持続的な教育を提供するConference Seriesは、米州、欧州、アジアで1000以上の科学団体とともに、医学およびヘルスケア関連会議を開催する。医学、製薬、エンジニアリング、科学、テクノロジー、ビジネスなど、さまざまなバーティカル組織およびホリゾンタル組織における国内外の科学および医学会議、イベントトレード、コンシューマー展示会の開催で世界をリードするスペシャリストの1つであるConference Seriesは、5000万人以上のビジター、会議当たり2万5000人以上のユニークビジター、各会議に対する7万5000以上のページビューを集め、われわれのプレゼンテーターの研究および経歴に関するオンラインコミュニティーへの可視性の定量化に役立つとともに、世界で認められる。

Logo - (リンク »)

スリヌバブ・ゲデラ博士( (リンク ») )は業界、学究的なOMICS Groupとその子会社のサポートを受けて、2018年には40カ国で3000のグローバル年次イベントのスケジュールを組むことができたと付け加えた。有意義なイベントであるヘルスケア会議は、大規模および中規模の医学および医療研究・診断企業、有名大学、医学研究機関など、ユニークな国際的な集まりである。同氏はこれらの会議が業界および大学で経験を共有し、コラボレーションを促進する最高のプラットフォームであると主張した。

今年のConference Series年次ミーティングは、技術移転、商業化、マーケティングの新しい進路を、すべての主要な年次ミーティングで紹介。新規企業と新進の新興企業は講演を行い、製品およびサービスを展示して業界トップのバイヤー、ベンダー、投資家の注目を集めることができる。

さらにスリヌバブ・ゲデラ博士( (リンク ») )は「オープンアクセスのジャーナルは、知識格差を緩和するために世界の情報と科学研究における優位性を打破する用意ができている。過去10年間のこの組織の順調かつ大きな成長は執筆者、エディター、レビュアー、献身的なスタッフメンバーのおかげで可能になった」と語った。

▽OMICS Internationalについて
OMICS Internationalは3000人以上を雇用し、オープンアクセスを通じてヘルスケアに関する科学情報を広めるパイオニアである。5万人以上の著名な科学者および編集メンバーの支援を受けるOMICS Group( (リンク ») )は2009年の10のジャーナルから2017年までに1000の査読ジャーナル( (リンク ») )に成長し、読者層は5000万人に増加した。OMICS InternationalのConferenceSeries.comは3000以上のグローバル年次ミーティング( (リンク ») )を開催する。

▽問い合わせ先
1-650-618-9867, ceo@omicsgroup.org, contact.omics@omicsonline.org

ソース:OMICS International

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。