2017年、HDMIインターフェイス対応製品の出荷台数が9億台に近づく インストールベースの総数では70億台に

HDMI Licensing Administrator, Inc. 2018年01月09日

From 共同通信PRワイヤー

2017年、HDMIインターフェイス対応製品の出荷台数が9億台に近づく インストールベースの総数では70億台に

AsiaNet 71747

CES 2018においてHDMIがHDMI 2.1規格を含む
最新の技術イノベーションを展示

ラスベガス - 2018年1月9日 /PRNewswire-AsiaNet/ -- HDMI(R) Licensing Administrator, Inc.(HDMI LA)は、幅広い製品カテゴリーを提供している1,800社近いライセンス取得HDMIアダプター企業が、2017年におおよそ9億台のHDMI準拠製品を出荷し、累積インストールベースでは、総数が70億台に近づいていると発表しました。

ロゴ: (リンク »)

最近リリースされたHDMI 2.1規格、プレミアムHDMIケーブルのグローバルな普及、および、新たなHDMI対応製品カテゴリーの登場が、新しい製品イノベーションと、より魅力的な消費者エクスペリエンスを生み出します。

この発表は、家電見本市CESの会場の記者会見で行われました。HDMI LAのブースは、South Hall 1のブース番号20542です。

「超高画質4KのUltraHD解像度テレビと、その内容にマッチした高ダイナミックレンジ(HDR)は、数年前まではごくまれなものでしたが、今では、広く普及しています」と、HDMI LAの社長ロブ・トバイアス 氏は語ります。「HDMI 2.1規格の発表、さらにHDMI対応仮想現実や拡張現実、ドローンカメラや自動車カテゴリーの登場に伴い、HDMI技術は新たな消費者や商用分野への拡大を含めた、将来の可能性を今後も提供し続けます」

CESで注目されたHDMI 2.1規格

CESのHDMI LAブースではメーカーによるHDMI 2.1機能のデモが行われ、ダイナミックHDR、eARC、高帯域幅ビデオ、超高速ケーブルなどが展示されました。

「2017年11月28日に発表されたHDMI 2.1規格の開発と出荷は、我々技術作業グループによる大きな成果です」と語るのは、HDMIフォーラムの会長であるソニー・エレクトロニクスのロバート・ブランチャード氏です。「92社の加盟企業は、より高い性能への要求に応えるために機能の開発を続けています」

HDMI 2.1規格の機能:

- より高い解像度、より高速なリフレッシュレート(8K60Hzと4K120Hzを含む)、および最高10Kの解像度のサポート。

- ダイナミックHDRのサポートは、ビデオのすべての瞬間で、深度、ディテール、明るさ、コントラスト、幅広い色域が最適な度合いで表示されることを確実にします。

- 超高速HDMI(R)ケーブルは非圧縮HDMI 2.1機能サポート用の48G帯域幅をサポートし、EMIは非常に低く抑えられています。

- eARCは接続を簡素化し、最も高度なオーディオフォーマットや最高のオーディオ品質をサポートし、オーディオ機器と今後のHDMI 2.1製品との互換性を保証します。

- 向上したリフレッシュレート機能は、以下のような、さらなるレベルのスムーズかつシームレスな性能を保証します。
     ・可変リフレッシュレート(VRR)は、ラグ、スタッター、フレームティアリングを軽減または
     排除し、よりなめらかで優れた詳細なゲームプレイを実現します。
     ・映画やビデオのクイックメディア切替(QMS)は、コンテンツが表示される前のブラックス
     クリーンになり得る遅延を排除します。
     ・クイックフレームトランスポート(QFT)はレイテンシーを軽減し、よりスムーズでラグの
     ないゲーミングやリアルタイム・インタラクティブ・バーチャル・リアリティーを実現します。
     ・自動低レイテンシーモード(ALLM)によって、自動に最適なレイテンシー設定が行われること
     により、スムーズでラグのない、途切れのない視聴やインタラクションが可能になります。

世界に流通したプレミアムHDMIケーブル認証プログラム

プレミアムHDMIケーブル認証プログラムには、今や90社ものHDMIアダプターやケーブルメーカーが参加しています。「HDMIのラベルのついたケーブルの信頼性」を認識した参加企業は、米国、アジア、欧州の数百に及ぶ大手ブランドおよび再販業者であり、プレミアム高速HDMIケーブルを今日の4K/UltraHD製品に確実に対応させます。プレミアムHDMIケーブルは、HDMI認証テストセンター(ATC)でのみテストおよび認証が行われ、すべてのモデルラインの全長にわたって認証を行うことで、プレミアムHDMIケーブルラベルの偽造を防止しています。特殊ラベルの大手ブランドケーブルとスキャニングアプリがHDMI LAブースで展示されています。

USB Type-C端子および電力供給用HDMIオルトモードで高性能を実現

USB Type-C(TM) 端子HDMIオルトモードは、HDMI対応ソースデバイスがUSB Type-Cコネクターを使用して、直接HDMI対応ディスプレイへ接続できるようにし、さらにUSB Type-C電力供給機能でソースデバイスに電力をフルに供給します。HDMI LAブースの展示では、メーカーのプロトタイプにより、HDRサポートと電力供給の機能強化のデモを行っています。

ブースには、HDMI LAおよびHDMIフォーラムの担当者が待機しており、HDMIアダプターが製品とソリューションのラインアップを展示しています。また、メーカーとHDMIフォーラム加盟企業がHDMI 2.1規格でサポートされている機能のデモを行っています。アポイントにつきましては、バル・ロビンズ(Val Robbins)宛て(vrobbins@hdmi.org)にご連絡をいただくか、下記のメディア向けお問い合わせ窓口をご覧ください。

HDMI Licensing Administrator, Inc.について
HDMI Licensing Administrator, Inc.(HDMI LA)は、HDMI規格のバージョン2.xのライセンス供与を行うためにHDMIフォーラムが指定した代理業者であり、またすべての旧バージョンのHDMI規格のライセンス供与を行うためにHDMIファウンダーズが指定した代理業者です。HDMI LAはマーケティング、販売促進、ライセンス供与、管理サービスだけでなく、HDMI規格のメリットについての情報を規格採用企業、小売業者、消費者に提供しています。詳細はwww.hdmi.orgをご覧ください。

HDMI Forum, Inc.について
HDMI Forum, Inc.は非営利の共益団体であり、家庭電化製品、PC、モバイル端末、ケーブル、コンポーネントおよびシリコンソリューション、さらに映画スタジオ、コンテンツプロバイダー、サービスプロバイダー、テストラボおよびテスト装置など、世界有数のメーカーで構成されています。オープントレードアソシエーションであるHDMIフォーラムの使命は、業界のより多くの企業がHDMI規格の将来のバージョンの開発に携わるよう促し、HDMI対応製品の互換性とエコシステムをさらに拡大することです。HDMIフォーラムまたはメンバー登録の詳細はwww.hdmiforum.orgをご覧ください。

HDMI、HDMI High-Definition Multimedia Interface、Premium HDMI Cable Certification Program、Premium High Speed HDMI Cable、Premium HDMI Cableラベル、およびHDMIロゴは、米国およびその他各国におけるHDMI Licensing Administrator, Inc.の商標または登録商標です。

情報元:  HDMI Licensing Administrator, Inc.

本件に関するお問い合わせ先:
HDMI LA 広報担当[担当:神谷]
Tel:03-5269-1038
E-mail:HDMI@jspin.co.jp

北米メディア向けお問い合わせ窓口:
Doug Wright / Henry Feintuch
Feintuch Communications
hdmi@feintuchpr.com
1-212-808-4903 /1-212-808-4901

Brad Bramy
HDMI Licensing Administrator, Inc.
bbramy@hdmi.org

(日本語リリース:クライアント提供)


関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]