【無料セミナー】学びと仕事の新世界/amazon Alexa 教育活用の可能性/(COMLEC)活動 ~人工知能(AI)とeラーニングの活用~

日本イーラーニングコンソシアム(eLC)のニュースリリース

特定非営利活動法人日本イーラーニングコンソシアム 2018年01月10日

日本イーラーニングコンソシアム(eLC)、モバイルラーニングコンソシアム(mLC)共催の「New Year Meeting 2018」を1月25日に開催いたします。
皆様のご参加をお待ちいたしております。


■日時:2018年1月25日(木)14:00-19:30 (受付開始:13:15)
    第1部:セミナーの部 14:00-17:50  第2部:懇親・交流会の部 18:00-19:30

■会場:株式会社D2C セミナールーム(東京都中央区銀座6-18-2 野村不動産銀座ビル 5F)
     (リンク »)
    最寄り駅:東銀座駅(日比谷線、浅草線)、築地市場駅(大江戸線)

■定員:100名(先着順)

■参加費:第1部:無料  第2部:3,000円(税込) ※1部のみ、2部のみの参加も承ります。

■主催:日本イーラーニングコンソシアム(eLC)、モバイルラーニングコンソシアム(mLC)
■協力:株式会社D2C

■プログラム

◆第1部 セミナーの部 14:00-17:50 ※参加費無料

1)ごあいさつ 日本イーラーニングコンソシアム会長 加藤 憲治 14:00-14:10(10分間)

2)基調講演 14:10-15:20(70分間)
タイトル:「学びと仕事の新世界:学習テクノロジーの潮流と未来」
講師:京都大学 教育担当理事補/高等教育研究開発推進センター長・教授 飯吉 透 氏
概要:
情報コミュニケーション技術や交通・物流システムなどの進歩によって、複雑化・ 流動化が普遍的な社会では、技術や知識の陳腐化は激しくなり、産業や雇用はより不安定になります。そのような現代社会において、個々人が職業的基盤となる知識や技能を習得・拡張するために、10歳代後半から20歳代前半までを学校・大学で過ごせば「教育は修了」というモデルは、明らかに機能しなくなりつつあります。本講演では、テクノロジーの進歩やグローバル化が進み、社会のあり方や構造が大きく変化する中で、教育の個別化・オープン化、ゲーム化やAI(人工知能)、ビッグデータ等が、どのように教育や職業を変革するかを、事例やトレンドを通じて概観し、これからの世界と日本におけるインパクト・可能性・課題について展望します。

3)ラーニングテクノロジー関連セミナー
タイトル:「amazon Alexa 教育活用の可能性」 15:20-15:50(30分間)
講師:アマゾンジャパン合同会社 アレクサビジネス本部 デベロッパーエバンジェリスト 畠中 俊巳 氏
概要:
2017年11月8日に満を持して日本に上陸した、スマートスピーカーのAmazon Echo およびその中核をなすクラウドベースの音声サービスAmazon Alexa。Amazon Echo をはじめとするAlexa を搭載する様々なデバイスは「Skill(スキル)」と呼ばれるアプリケーションを追加することで、その機能を拡張しあらゆる場面で利用する可能となります。今回のセミナーでは、実機によるデモンストレーションを含め、オープンなAlexaの開発環境や、人工知能を駆使した「自動音声認識」「自然言語理解」や「音声合成」の仕組みを解説しながら、この新しい音声インターフェースの教育領域における可能性を考えます。

4)eラーニング・ユーザー事例から学ぶ Vol.1 16:00-17:00(60分間)
タイトル:「金融商品市場での不公正取引の売買審査と未然防止(COMLEC)活動 ~人工知能(AI)とeラーニングの活用~」
講師:日本取引所自主規制法人 売買審査部
概要:
日本取引所自主規制法人では、日本取引所グループ傘下の東京証券取引所及び大阪取引所の運営する市場の公正性・信頼性を維持するため、相場操縦やインサイダー取引などの不公正取引に関する市場監視(売買審査)を行っています。
現在の金融商品市場では、金融工学とIT化の進展から、アルゴリズム取引と呼ばれるコンピューターシステムが株価や出来高等に応じて自動的に発注数量や売り買いの別・タイミング等の取引内容を決めて注文を繰り返す取引が増えています。東京証券取引所及び日本取引所自主規制法人では、2017年度中の実用化を見据え、相場操縦行為に関する売買審査業務に人工知能(AI)の適用を進めており、本講演では、AI導入の狙いとAIをどのように活用していくのかについて、ご紹介いたします。
また、日本取引所自主規制法人では、自主規制機関として、不公正取引に関する市場監視だけに留まらず、「COMLEC(コムレック:コンプライアンス研修センター)」を設置して、上場会社や証券会社などの市場参加者向けのセミナー開催や社内研修への講師派遣等のコンプライアンス支援活動を通じて不公正取引の未然防止を図っています。
本講演では、COMLECの活動内容や、その中でも不公正取引に関する証券教育コンテンツの柱として活用している日本取引所自主規制法人のeラーニング研修サービスについて、ご紹介いたします。
※コーディネーター:日本イーラーニングコンソシアム理事/ユーザー委員会委員長 坂本 聡

5)特別セミナー 17:00-17:30(30分間)
タイトル:我が国産業における人材力強化
     ~「人生100年時代」の「働く」と「学ぶ」の一体化~ 
講師:経済産業省 経済産業政策局 産業人材政策室 室長補佐 藤岡 雅美 氏
概要:
第四次産業革命等による産業構造の急激な変化に伴い、これまでのスキルが通用しないIoT時代の到来に備え、社会人の学び直しが急務になっています。また、人生100年時代に向かい、生涯にわたって学び続ける「リカレント教育」の重要性はますます高まっていますが、「何を学ぶのか」「どう学ぶのか」「学んだ後、どう活躍するのか」を明確にし、三位一体で整備して必要があります。特に「どう学ぶのか」については、テクノロジーの活用はさらに重要な位置付けになるものと思われます。2018年の年頭にあたり、経済産業省「人材像ワーキング・グループ」の内容を中心に、「働き方改革」「人づくり革命」の観点から、我が国の人材力強化施策についてお話しいたします。

6)お知らせ 17:30-17:50(20分間)
・「ラーニングイノベーショングランプリ2018」開催概要
・展示会「ラーニングイノベーション2018」開催概要
・展示会「eラーニング・トレンド・フェア」開催概要 他

【参加者特典】
※希望者に「eLPベーシック・eラーニングコース」トライアル受講をご提供いたします。(一部講座の期間限定視聴可、資格の取得はできません)
※会場内に会員各社のパンフレット・コーナーを設置いたします。

◆第2部 懇親・交流会の部  18:00-19:30 ※参加費3,000円(税込)

※詳細と参加のお申込みはこちらをご覧ください。
(リンク »)

=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=
■特定非営利活動法人日本イーラーニングコンソシアム
所 在 地:東京都中央区日本橋小伝馬町16-5 新日本橋長岡ビル2F
会長:加藤憲治
U R L: (リンク »)


事業内容:産・官・学の力を結集し、継続的にユーザーおよびeラーニング事業者の方々に積極的な支援活動を推進するために、発足した特定非営利活動法人です。eラーニングに関わる多くの方々が、企業、学校

、官庁等の組織の枠を越えてこの活動に参画し、協力し合う関係を築くことが重要であると考えています。

eLCの活動の中心は以下の3点です。
(1)eラーニング関連情報の取得・調査・研究および提供
(2)eラーニングのユーザーと事業者の方々への啓蒙活動、教育プログラムの開発と教育実践
(3)eラーニング・システムおよびコンテンツに関する標準化技術の研究と標準化推進
=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=-=

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

特定非営利活動法人日本イーラーニングコンソシアムの関連情報

特定非営利活動法人日本イーラーニングコンソシアム

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。