富士ゼロックス㈱提供の「DocuWorksタイムスタンプソリューション」にアマノタイムスタンプが採用

アマノ ビジネスソリューションズ株式会社 2018年01月10日

From 共同通信PRワイヤー

2018年1月10日

アマノビジネスソリュ-ションズ株式会社

富士ゼロックス株式会社提供の「DocuWorksタイムスタンプソリューション」にアマノタイムスタンプサービスが採用

富士ゼロックス株式会社 (リンク ») (本社:東京都港区、代表取締役社長 栗原 博)の重要文書の電子化及び電子文書の証票としての証拠力の向上を簡易に実現する「DocuWorksタイムスタンプソリューション (リンク ») 」に、アマノ株式会社(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長 津田 博之)のグループ会社であるアマノビジネスソリューションズ株式会社 (リンク ») (代表取締役社長 堀本 信行)が運営する「アマノタイムスタンプサービス3161」が採用されました。

「アマノタイムスタンプサービス3161」は、電子データに対して、アマノタイミングセンターにて信頼のおける日時を付与することで、電子データが当時から存在していたことと、改ざんされていないことを第三者的に証明するサービスです。

「DocuWorksタイムスタンプソリューション」は富士ゼロックス株式会社のドキュメントハンドリング・ソフトウェアの新バージョンDocuWorks 9と株式会社下田OAシステム (リンク ») (本社:静岡県下田市、代表取締役社長 杉本 憲一)が開発したDocuWorksのプラグインソフトウェア「PDF タイムスタンプ for DocuWorks」の組み合わせにより、PDF文書へのタイムスタンプ付与、検証を行うことができます。

PC上であたかも紙を扱うような感覚で電子文書を管理できるDocuWorksとタイムスタンプが連携することにより、重要文書の証拠力の向上を簡易に実現するエントリーモデルのソリューションとして、タイムスタンプの活用が推奨される先使用権を立証するシーンなどに用いることができます。また、当ソリューションでは特許庁所管の独立行政法人工業所有権情報・研修館(INPIT)の「タイムスタンプ保管サービス」へ対応した原本文書からのタイムスタンプトークンの出力も可能となります。

アマノビジネスソリューションズ株式会社は、今後も富士ゼロックス株式会社と協力し、お客様の電子文書の信頼性向上ならびにお客様のニーズに見合う連携を目指していきます。

※ 文中に記載の製品名等固有名詞は各社の登録商標または商標です。


■本ニュースリリースに関するお問い合わせ先
 アマノビジネスソリューションズ株式会社 
 〒222-0011 横浜市港北区菊名7丁目3番24号
 Tel:045-430-1955  Fax:045-430-1957
 URL: (リンク »)
 e-timingユーザサポートセンター 担当:小口



関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]