新作壁装材見本帳「2018-2020 エクセレクト」を1/25に発刊

株式会社サンゲツ 2018年01月11日

From 共同通信PRワイヤー

2018/1/11

株式会社サンゲツ

空間を上質に彩る、日本の伝統技術とグローバルデザインを集結
新作壁装材見本帳「2018-2020 エクセレクト」を1/25に発刊

株式会社サンゲツ(安田正介社長・名古屋市)は、宿泊・商業施設をはじめ高級住宅などでのニーズに応える壁装材の新作見本帳「2018-2020 エクセレクト」を1月25日(木)に発刊します。和紙や織物など日本の伝統工芸を取り入れ、近年のインバウンド需要にも対応する“本物素材”のほか、意匠性の高いグローバルブランドを含む294柄602点のアイテムを収録したプレミアムな壁紙コレクションです。


●「2018-2020エクセレクト」の概要

①「SHITSURAHI」(室礼)※2015年度グッドデザイン賞受賞(一部商品を除く)
日本の伝統技術から生まれた和素材アイテムを素材ごとに分類し、7つのカテゴリで紹介。箔や和紙、珪藻土など”本物素材”を拡充しました。また、天然木を最新技術で薄くスライスし、不燃認定壁紙に加工した新商品「WILL WOOD(R)」を収録するなど、伝統意匠と現代技術を融合した最高品質の壁紙コレクションです。

②「BRAND SELECTION」(ブランド セレクション)
世界的にも意匠性の評価が高い「ARMANI/CASA」や「ELITIS」など、10種の国内外のブランドを展開。全点が、建築基準法で内装仕上げの使用制限を受けない「F☆☆☆☆」を取得。また、ほとんどの商品で「準不燃認定」を取得するなど、日本の内装制限にも適応し、空間づくりの可能性を広げます。

③「INSPIRED MATERIALS」(インスパイアード マテリアル)
ホテルやブライダルなどのラグジュアリーな施設からアミューズメント施設まで、高級感が求められるシーンで役立つような、個性的なアレンジが施された壁紙を紹介。起毛した生地にブラッシング加工を施した新素材壁紙「ファー」のほか、輝度の高い「メタリック」や「スパンコール」を拡充しました。

④「SPECIFIC SOLUTIONS」(特殊商品)
アンモニアや酢酸の放出を抑え、適切な展示環境を保つ「美術館・博物館仕様織物壁紙」を収録。また、オリジナルのデザインを高度な技術で表現できるデジタルプリント「HIGH GRAFICA」など、付加価値の高いアイテムを取り揃え、多様なニーズに対応します。


同見本帳は、設計事務所や建設会社、工務店などでご覧いただけるほか、サンゲツウェブサイト内のオンラインおよびPDFカタログでも発売と同時に公開します。なお、ハードウォール、掲示板クロスのシリーズは、後日、別途単冊カタログを発刊します。





関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]