横浜国立大学と川崎市が連携・協力に関する協定を締結 -- 社会課題の解決及び地域社会の持続的な発展に資することを目的

横浜国立大学

From: Digital PR Platform

2018-01-16 20:05




横浜国立大学(横浜市保土ケ谷区、学長:長谷部勇一、以下:横浜国立大学)は、川崎市(川崎市川崎区宮本町1番地、市長:福田紀彦、以下:川崎市)と、平成30年1月16日に連携・協力に関する協定を締結しました。




 本協定では、相互の持つ資源やネットワークを活かし、教育、産業振興・イノベーション推進、まちづくり等、様々な分野で連携・協力することにより、社会課題の解決及び地域社会の持続的な発展に資することを目的としています。主な連携・協力事項は以下の4点です。


連携・協力事項
(1)次代を担う子どもや若者の教育・人材育成に関すること
(2)産業の振興及び新たな活力と社会変革を促進するイノベーション推進に関すること
(3)持続可能なまちづくり及び川崎らしい魅力の創出に関すること
(4)多様性を活かしたグローバル都市の推進に関すること


▼本件に関する問い合わせ先
研究推進部産学・地域連携課
池田
TEL:045-339-3073


【リリース発信元】 大学プレスセンター (リンク »)
本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

横浜国立大学の関連情報

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]