地域連携推進機構シンポジウムを2月14日に開催 -- 横浜国立大学

横浜国立大学 2018年01月29日

From Digital PR Platform




横浜国立大学では2017年4月に、地域連携推進機構が新たに設置されました。地域連携活動および地域課題解決への先導的役割等を果たすとともに、地域社会と連携する中核拠点となるべく、活動を行ってまいります。その活動の一環として、2月14日(水)に地域連携推進機構シンポジウムを開催いたします。





 本シンポジウムでは、第1部において、地域連携推進のエンジンとなる「ネクスト・アーバン・ラボ(Next Urban Lab)」について紹介し、概要と取り組みの方向を、事例を交えて紹介していきます。
 また、第2部のパネルディスカッションにおいては「大学との連携に何を期待するか」というテーマのもと、NPO法人アクションポート横浜理事の高城芳之氏、相模鉄道(株)専務取締役の古瀬円氏、(株)ケイエスピーの元常務取締役で、現シニアマネジャーの高久道男氏、横浜市都市整備局長の薬師寺えり子氏をパネリストとしてお招きし、本学教員を交え、連携の意義と課題を横断的に議論いたします。

【日時】2018年2月14日(水)14:30~(開場13:30)

【場所】横浜情報文化センター6階 情文ホール
※会場アクセスWEBサイト  (リンク »)

【講演者】
1.「ネクストアーバンラボ」とは~基本理念とユニット紹介 高見沢 実
2. 左近山団地住まいみらい研究プロジェクト 藤岡 泰寛
3. 地域アウトリーチ活動によるエネルギー・リテラシー向上 渋谷 忠弘
4.「もっと横浜」プロジェクト 川添 裕

【パネルディスカッション・コーディネーター】
 横浜国立大学国際社会科学研究院 教授 小池 治

【パネルディスカッション・パネリスト】
・NPO法人アクションポート横浜 理事 高城 芳之
・相模鉄道株式会社  専務取締役 古瀬 円
・株式会社ケイエスピー シニアマネジャー(元常務取締役)、財団法人起業家支援財団 理事 高久 道男
・横浜市 都市整備局長 薬師寺 えり子
・横浜国立大学 地域連携推進機構 副機構長 高見沢 実

【主催】横浜国立大学 地域連携推進機構

【申込方法】
 下記ウェブサイトから、事前申し込みの上、当日会場にお越しください。
 (当日参加も可能ですが、事前申込みへのご協力をお願い致します。)
※申込WEBサイト  (リンク »)

【プログラム】
 PDFファイルをご確認ください。
※シンポジウムWEBサイト  (リンク »)

▼本件に関する問い合わせ先
横浜国立大学 研究推進部 産学・地域連携課 地域連携係
TEL:045-339-4455


【リリース発信元】 大学プレスセンター (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

横浜国立大学の関連情報

横浜国立大学

横浜国立大学の記事一覧へ

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]