Altair、Click2Cast®の画期的なジオメトリ“アバター”機能をEUROGUSS 2018にて発表へ

アルテアエンジニアリング株式会社 2018年01月17日

Altair Engineering, Inc.(Nasdaq: ALTR)とsolidThinkingは、2018年1月16日~18日にニュルンベルク(ドイツ)で開催されるEUROGUSSにて、Click2Cast 2018のプレビュー版を初披露します。新たに追加される強力なジオメトリ作成、編集機能により、鋳造プロセス全体の設計と最適化を1つの環境で完結できるようになります。これは、上流工程のコンポーネント設計者と下流工程の解析担当者が同一のユーザー環境内でデータを授受できる業界初の機能です。この環境には、コンポーネントの編集、引け巣の評価、押し湯・スリーブ・冷却ラインの修正、高品質化を目指したプロセスの見直しおよび最適化のための各種ツールも搭載されています。

AltairのVice President of Manufacturing Solutionsを務めるRavi Kunjuは、「Click2Castは、スピード・操作性・精度に優れた、手頃な価格の鋳造シミュレーションソフトウェアとして世界中の数多くの企業で採用されていることから、新バージョンでも使いやすさと機能性の絶妙なバランスが保たれるよう注意して開発を行いました。Click2Castのどの特長も損なうことなく、強力な新機能を追加できたことを嬉しく思います。ハイエンドのシミュレーションツールを設計プロセスの上流工程でお使いいただくことを目指したsolidThinking Inspire®フレームワークは、設計産業に多大な影響を与えました。Inspireと同じフレームワークにClick2Castを組み込むことによって、鋳造シミュレーション分野でも革新を起こすことを狙っています。当社の開発チームの懸命な努力の甲斐あって、ソルバーとインターフェースの両面で素晴らしい成果を上げることができました。ユーザーの皆様により一層ご満足いただける製品ができたと自負しています。1月のEUROGUSSで新バージョンを披露するのが待ちきれません」と述べています。

正式なリリースは2018年3月の予定ですが、EUROGUSSのブースでは無償トライアルへのご登録を受け付けるほか、強力な機能を実際に体験していただけます。新バージョンの主な新機能は以下の通りです。

・Inspireフレームワークに基づいた、まったく新しいユーザー環境。強力なジオメトリ作成・編集機能を搭載
・ランナー、押し湯、冷し金、オーバーフロー、スリーブを作成し、同環境内で修正も可能
・中子のジオメトリを自動生成(3Dプリンティング用データをエクスポート可能)
・1クリックで凝固シミュレーションを実行
・強化された可視化機能(湯先の温度発展の可視化など)
・ダイナミックな複数断面の作成
・様々なファイルフォーマットの読み込みに対応


Spot Technologies社のFounder PartnerであるHoward Weinberg氏は、「Click2Cast 2018は他に類を見ないシミュレーションソフトウェアです。お客様に提供するのが楽しみでなりません。新バージョンのClick2Castは、間違いなく革命的です。強力な機能をこれほど手頃な価格で利用できれば、投資対効果は他のソフトウェアと比べ物になりません。たまにしかシミュレーションを使用しないユーザーにとっても使いやすいように設計されているので、未経験者が高度なシミュレーションを手軽に利用して、サプライチェーン全体の向上に役立てることができるでしょう」と述べています。

InytialGo社のDie Casting ConsultantであるÒscar Íñigo氏は、「Click2Castは複雑な用途に対応できるよう絶えず進化を続けています。新機能の追加やソフトウェアのアップグレードを行いつつ使いやすさを保つのは決して容易ではないと思いますが、鋳造シミュレーションに適したユーザーインターフェースの一貫性と使いやすさはどのバージョンでも変わりません。たとえばClick2Cast 2018で新たに追加されたランナーと冷却ラインのモデリング機能を見れば、solidThinkingのこだわりが揺らいでいないことは一目瞭然です。どちらの機能も「素晴らしい」の一言に尽きます。新バージョンはきっと、ダイス開発者や鋳造エンジニアの心をつかむことでしょう」と述べています。

EUROGUSSでは見本市に加え、ドイツの二大鋳造協会であるbdgussとVDD主催の“Druckguss Tag”も開催されます。Druckguss Tagでは、solidThinkingのFelix Radischが“Simulation Driven Development for Casting Design – aided by Topology Optimization”(鋳造設計のためのSimulation Driven Development - トポロジー最適化の活用)というテーマで1月17日午後3時より講演を行います。

Click2Cast 2018および鋳造に関連したその他のsolidThinkingソリューションの詳細については、ニュルンベルクで開催されるEUROGUSSのsolidThinkingブース(ホール6、ブース149)にお越しいただくか、製品ウェブサイト (リンク ») をご覧ください。

用語解説

Altairについて(Nasdaq:ALTR)
1985年に設立されたAltairは、ビジネスパフォーマンスの改善のために、設計、プロセス、意思決定を統合かつ最適化するシミュレーション技術の開発と様々な分野への適応に注力しています。 2,000人を超える従業員を擁するAltairは、米国ミシガン州トロイに本拠を置き、24ヵ国に69以上のオフィスを構えています。 顧客は多種多様な業種にわたり、その数は5000社以上にも及んでいます。 詳細については、www.altairjp.co.jpをご覧ください。

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

アルテアエンジニアリング株式会社の関連情報

アルテアエンジニアリング株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]