外国人留学生の''未来保証''に向けた関西大学の挑戦。CARESフォーラムin大阪「外国人留学生の卒業後の定着を考える」留学生就職シンポジウム「拡大する高度人材活用の獲得と定着」の2大イベントを開催。

関西大学 2018年01月19日

From Digital PR Platform




このたび関西大学では、外国人留学生の国内就職ならびに日本社会への定着を考えるべく、CARESコンソーシアム*が推進する2つの事業「CARES-Osaka」「SUCCESS-Osaka」のフォーラム・シンポジウムを1月23日(火)に梅田キャンパスにて開催します。




【本件のポイント】

・国内就職を目指す外国人留学生を抱えるステークホルダーや元留学生、専門家を講演者として招聘
・外国人留学生の卒業後の生活・定着支援について、その現状と課題を議論
・「留学生30万人計画」の実現に向けた、産・官・学の役割や連携の在り方を考える


日本政府は2008年に「留学生30万人計画」を策定し、また「日本再興戦略」では、日本における外国人材の活用、留学生の受入れ、就職・生活支援の強化が謳われています。留学生の国内就職における採用率の伸び悩みと就職後の定着化は喫緊の課題であり、その課題解決に向けた大学の役割は極めて大きいといえます。
今回のフォーラムおよびシンポジウムでは、外国人材の獲得戦略にとどまらず、卒業(就職)後の日本社会での定着に焦点をあてた講演およびディスカッションを行います。外国人留学生を抱える機関に所属する方をはじめ、社会人として活躍している元留学生や専門家を招き、現在の取組事例を紹介しながら、それぞれの見識を語っていただきます。外国人留学生が日本社会に定着するために立ちはだかる「異文化コミュニケーション」という壁をどう乗り越えていくのか、入学後の生活支援と卒業後の定着支援について考えます。
つきましてはご多忙の折恐縮ですが、取材のご検討をお願い申し上げます。

                       記

【日時・場所】 1月23日(火)・関西大学梅田キャンパス(大阪市北区鶴野町1-5)
          (1)CARESフォーラムin大阪 12:20~15:10 於: 4階 多目的ホール
          (2)留学生就職シンポジウム  15:40~18:00 於: 8階 KANDAI Me RISEホール



【(1)の概要】 メインテーマ:「外国人留学生の卒業後の定着を考える」



  〔基調講演〕
  「留学生の卒業後を考える 定着支援に関する現状と課題」:田村 太郎氏(ダイバーシティ研究所代表理事)



  〔ラウンドテーブル〕
  「元留学生(現社会人)の立場から考える外国人留学生の生活・定着の課題と支援の在り方」

  〔講演1〕
  「国際交流寮の現在(いま)」
     :秋元 伸介氏(株式会社共立メンテナンス 寮事業本部関西支店支店長)

  〔講演2〕
  「大阪府国際交流財団による外国人への災害時支援と今後の課題」
     :小高 將根氏(OFIX:公益財団法人 大阪府国際交流財団理事長)

  〔住環境・就職支援事業採択校サミット〕
   参加団体:大学コンソーシアム京都、ひろしま国際センター、長崎大学、琉球大学、関西大学(CARES-Osaka)



【(2)の概要】 メインテーマ:「拡大する高度人材活用の獲得と定着」

  〔講演1〕
  「高度人材の定着・活用について」
     :松島 良寛氏(ブラザー工業株式会社人事部採用教育グループ シニア・チーム・マネージャー)

  〔講演2〕
  「大阪企業における人材確保と外国人材の活用に関する調査報告(速報)」
     :越村 惣次郎氏(大阪府商工労働部 大阪産業経済リサーチセンター主任研究員)

  〔ディスカッション〕
  「留学生からの問題提起~留学生が作った求人票はこうなる~」
   留学生の不安・興味・関心を刺激する情報戦略について、留学生が作った求人票の項目を発表する。



--------------------------------------------------------------------
 * ■ CARESコンソーシアムとは
--------------------------------------------------------------------
文部科学省からの委託事業として、大阪にある4大学(関西大学・大阪大学・大阪府立大学・大阪市立大学)・企業・自治体で構成する組織。大阪の留学生の増加を促進し、留学生が卒業後も日本で就職し、大阪の地域住民とともに共生する「大阪=第二のふるさと」の創生を支援することを目的とする。

◇ 同コンソーシアムが推進する2つの事業
・「CARES-Osaka」とは
産・官・学・金・地コンソーシアム参画組織それぞれの強みを生かし、また単独では脆弱な側面を互いに補い合いながら留学生の就職・住環境支援体制を強化していく事業。具体的には、(1)優秀な(正規入学)留学生の獲得、(2)日本・日系企業で活躍する優秀なグローバル人材としての輩出、(3)地域に溶け込み「共生するOsaka Residents(地域住民)」として生活していくプロセスを、総括的かつロングスパンで下支えする(=ケアする)取組みを推進している。



〔CARES-Osakaウェブサイト〕  (リンク »)

・「SUCCESS-Osaka」とは
日本国内企業で採用された、離職リスクのない高度外国人人材のキャリアサポートを目的とし、(1)大学を基盤とした教育・研修カリキュラムを構築、実施する(キャリア教育、インターンシップ開発、ビジネス日本語)、(2)国内外の企業の支援および内定・就職後の人材の支援を行う。企業・経済団体・自治体等で構成されるCARESコンソーシアムが取り組む事業として、日本国内でのキャリアを視野に入れる留学生を確実に成功(SUCCESS)へと導いていく。






▼本件に関する問い合わせ先
総合企画室 広報課
石田、寺崎
住所:大阪府吹田市山手町3-3-35
TEL:06-6368-0201
FAX:06-6368-1266
メール:kouhou@ml.kandai.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

関西大学の関連情報

関西大学

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]