ものづくりに学生主体で挑む学生達が1年間の活動成果を発表。「第23回 夢考房プロジェクト発表会」を開催 -- 金沢工業大学

金沢工業大学 2018年01月22日

From Digital PR Platform




金沢工業大学は、「第23回 夢考房プロジェクト発表会」を2月24日(土)10時から17時まで扇が丘キャンパス23号館で開催します。夢考房プロジェクトの学生達が、日頃ご支援をいただいている企業関係者の皆様に1年間の活動成果を発表します。発表会はどなたでも参加いただけます。




 「夢考房プロジェクト」は140を超える課外教育プログラムのひとつです。学生達が学科・学年の垣根を越えて自主的に集まり、個々の能力や知識を集結させて本格的な「ものづくり」に取り組みます。
 当日は「ソーラーカー」「エコラン」「人力飛行機」「ロボット」「ロボカップ」「義手研究開発」「建築デザイン」「メカニカルサポート」「フォーミュラカー」「小型無人飛行機」「組込みソフトウェア」「人工衛星開発」「RoboCup@H ome」の13のプロジェクトが1年の活動成果を口頭発表します。また発表の模様はUSTREAMでも配信します。


当日の発表スケジュールとUSTREAMのアドレスは以下のWebをご覧ください。
  (リンク »)

活動成果例
■人力飛行機プロジェクト
人の力のみを動力とした人力飛行機の設計・製作・性能評価に取り組んでいます。
約半年の期間をかけて完成させた通算22機目の機体「航(わたる)」の洋上初飛行を2017年9月に能登・穴水湾で実施し、535mの飛行距離を記録しました。
同機は水平尾翼が主翼より前に付く先尾翼機という機体形状で、主翼の幅31m、重量90kgf(パイロット含む)と巨大かつ軽量です。目標としていた2kmの長距離飛行は達成できなか
ったものの、改善に向けたデータを得られる貴重な機会となりました。

■小型無人飛行機プロジェクト
2017年9月に東京都大田区の大森スポーツセンターで開催された同大会には、「自動操縦部門」に12チームが参加。制限時間4分間で救援物資搬送、タイムトライアル、水平旋回、8の字飛行など6つのミッションに挑戦し、チーム間で得点を競い合いました。小型無人飛行機プロジェクトは着実に得点を重ね、4,145点を挙げる高い技術力を発揮し、前年に続く連続優勝で2連覇を果たしました。


▼本件に関する問い合わせ先
広報課
住所:石川県野々市市扇が丘7-1
TEL:076-246-4784
FAX:076-248-7318
メール:koho@kanazawa-it.ac.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]