岐阜県にて花き生産者向けIT活用セミナーを実施いたしました

株式会社exflora 2018年01月30日

From PR TIMES



[画像1: (リンク ») ]

2018年1月23日、exflora代表の山村が岐阜県農政部にお招きいただき、生産者、県職員、関連機関の方々向けにセミナーを実施いたしました。夕方5時からというセミナーでしたが、多くの方々に熱心に耳を傾けていただき、大変ありがとうございました。


岐阜県は、特に鉢花を中心にポットローズ、セントポーリア、ベゴニアなど生産量が日本一の品目も育つなど全国有数の産地となっています。

今回のセミナーのテーマは、「花き園芸業界のポテンシャルを引き上げるIT活用術」。
労働集約的な業務が多く、次世代の後継者不足、物流費の高騰、商品開発力の不足などの課題も多く、花き生産の現場を取り巻く情勢は著しく変化しています。
一方、日常生活ではスマートフォンの使用が一般的となり、多種多様なサービスが充実の一途をたどっています。これまでITの導入に消極的であった業界の現場でも、IT技術の導入が進み、様々な改善効果が現れている昨今です。

こうした状況を踏まえ、本セミナーでは他産業におけるITを活用した商品開発、顧客へのアプローチ、また業務の効率化の事例を多数ご紹介し、花き生産の現場における商品開発力、販売力の向上、業務改善のヒントについて、いろいろな角度からお話をさせて頂きました。

セミナー後の質疑応答やディスカッションでは、多くの積極的なご意見・ご感想を頂けました。
誠にありがとうございました。
[画像2: (リンク ») ]


プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]