大津の魅力をPRする「Otsu Festival」が本日スタート

滋賀県 2018年02月05日

From 共同通信PRワイヤー

平成30年2月5日

滋賀県大津市産業観光部観光振興課

浅田政志氏(写真家)、髙橋陽一氏(漫画家)などのアーティストが
大津の魅力をPRする「Otsu Festival」が本日スタート
~振付稼業air;manが大津の魅力をダンスで表現したPR動画を公開~

 滋賀県大津市は、様々な分野で活躍するアーティストが大津の魅力をPRする「Otsu Festival」のスタートにあたりPR動画『9ダンス動画』を公開しましたのでお知らせします。
 「Otsu Festival」では、同じ関西の京都、大阪とは違う魅力的な観光地としての「大津」をしっていただくため、写真家の浅田政志氏をはじめ、漫画家高橋陽一氏など6名のアーティストが直接大津市を来訪し、実際に大津を旅し、大津を体感した感覚と身体で琵琶湖をはじめとする大津の自然、歴史、文化、食などを自身の作品として表現し、各作品をWebサイトやアートブック、動画として発信します。
 本日公開した『ナインダンス動画』は、京都から大津まで9分という都市圏からのアクセスの良さを、OK Go - I Won't Let You Downの作品などを手掛けた振付稼業air;manが9ダンスとして表現しています。
 アートブックでは、競技かるたの聖地で人気映画のロケ地としても知られる「近江神宮」や、びわ湖全景を一望できる「びわ湖バレイ/びわ湖テラス」、紫式部が源氏物語の構想を得たことでも有名な「石山寺」など、アーティスト目線で発見した大津の魅力を、個性あふれる形で紹介しています。 大津の魅力がつまった本アートブックは、特設サイトで応募を受けつける形式で、先着100名様にプレゼントいたします。

■Otsu Festivalを手掛けたアーティストおよび取材先
 ・浅田政志(写真家):びわ湖真珠、蕎麦、日本茶、おおつ近江米カレーなど
 ・高橋陽一(漫画家):ビワイチ・サップなどびわ湖を活かしたアクティビティなど
 ・石川直樹(写真家):比叡山延暦寺、夢見が丘、石山寺、近江舞子水泳場など
 ・ウィスット・ポンニミット(イラストレーター):ミシガン、ラフティング、おごと温泉など
 ・フロラン・シャヴェ(イラストレーター):浮御堂、大津絵、近江牛など
 ・振付家業air;man(振付師):びわ湖バレイ、近江神宮、大津駅など

サイトURL
  (リンク »)
動画URL
  (リンク »)

■大津市の概要
大津市は、県庁所在地として、県の南西部に位置し、667年に天智天皇が近江大津宮に都を移して以来、琵琶湖を支配する要所として、また江戸と京を結ぶ東海道の53番目の宿場町として栄え、今日では近畿の中核都市として発展してきました。世界文化遺産の比叡山延暦寺をはじめ三井寺や石山寺など数多くの歴史文化遺産に加え、大津祭、山王祭や船幸祭など湖国滋賀を代表する伝統的な祭りも、今に引き継がれています。さらに、石積みのある門前町坂本や、延暦寺を開いた最澄により開かれたと伝わる雄琴温泉、琵琶湖や比叡の山並みを望むなぎさ公園など、魅力あふれる都市です。




関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]