バンダイナムコ「ナンジャタウン×MRプロジェクト」 ナムコのテーマパークにMR(複合現実)アトラクションを導入 MRデバイス「Microsoft HoloLens」を国内のテーマパークで初めて応用

株式会社 ナムコ 2018年02月06日

From DreamNews


株式会社ナムコ(本社:東京都港区/社長:萩原 仁)と株式会社バンダイナムコスタジオ(本社:東京都江東区/社長:中谷 始)は、MR(複合現実)技術によるテーマパークエンターテインメントを提供する「ナンジャタウン×MRプロジェクト」を始動します。

「ナンジャタウン×MRプロジェクト」は、現実世界とデジタルが融合した最新のMR(Mixed Reality/複合現実)技術を応用したテーマパーク向けアトラクションを国内で初めて(※1)「ナンジャタウン」(東京・池袋)に導入するもので、日本マイクロソフト株式会社と連携して、MRデバイス『Microsoft HoloLens(マイクロソフトホロレンズ)』(※2)を活用し、テーマパークの企画運営をナムコがプロデュースし、MR技術を用いたアトラクションの研究開発をバンダイナムコスタジオが担当します。

今回「ナンジャタウン×MRプロジェクト」では、第1弾としてリアル・パックマン・アトラクション『PAC IN TOWN(パック イン タウン)』と、第2弾として『一網打尽!蚊取りパッチン大作戦』の2つのMRアトラクションを運営。これを機にMR分野でも新しい遊びの創出を進め、お客さまに驚きと感動をお届けしていきます。


【第1弾】リアル・パックマン・アトラクション『PAC IN TOWN(パック イン タウン)』
[期間限定開催:2018年1月15日(月)~2018年2月28日(水)]

Microsoft HoloLensを使用してナンジャタウンに等身大の迷路が出現。プレイヤー自身が『パックマン』となり、仲間と共に、制限時間内にゴーストを避けながら全てのクッキーを食べる、世界的人気ゲーム『パックマン』の世界に没入できるアトラクションです。


【第2弾】『一網打尽!蚊取りパッチン大作戦』
[期間限定開催:2018年2月10日(土)~3月31日(土)]

ナンジャタウンオープンの1996年から稼働する人気アトラクション「爆裂!蚊取り大作戦」がMicrosoft HoloLensの導入で大きく進化。狂暴な蚊が大量に目の前まで迫ってくる演出や、両手を叩いて発生する“衝撃波”で大量の蚊を一気に撃退する爽快感を実現したアトラクションに生まれ変わります。



PAC-MANTM&(C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.


※1 ナムコ調べ
※2 『Microsoft HoloLens』とは:
Windows 10を搭載し、携帯電話やPCなどの外部機器と接続する必要がなく、ワイヤレスで使用できる、全く制約の無い初めての自己完結型ホログラフィックコンピューターです。HoloLensを通して、目の前に見えている現実世界の中にホログラムを配置して、現実世界とデジタルが融合した世界を様々な角度から見たり、デジタルコンテンツを操作したりすることが可能となる新しい世界(Mixed Reality/複合現実)を実現します。
詳細は下記Webサイトを参照ください。
(リンク »)



*Microsoft、HoloLens は、米国 Microsoft Corporation の米国及びその他の国における登録商標または商標です。
*ニュースリリースの情報は、発表日現在のものです。発表後予告なしに内容が変更されることがあります。あらかじめご了承ください。



<本件に関する報道関係のお問合せ>
株式会社ナムコ 公式サイト お問い合わせページ
(リンク »)





関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]