クラーク記念国際高等学校が2月15日(木)より表現を中心に学ぶ高校生による舞台演劇「花の紅天狗」を公開。毎年約4000名の観客動員数を記録する舞台公演。

大学プレスセンター 2018年02月07日

From Digital PR Platform


大学通信から中学・高校のニュースリリースをお送りします。



クラーク記念国際高等学校は、2月15日(木)より4日間にわたって舞台演劇「花の紅天狗」を六行会ホール(東京都品川区)にて公開する。演じるのは、東京キャンパスで表現を中心に学ぶパフォーマンスコースの生徒約100名。年間約4000名を動員し、今回の公演は138回目。2016年には演劇の甲子園と言われる文化庁主催の「全国高等学校総合文化祭優秀校東京公演」のオープニングを国立劇場で披露。外部からも高い評価を受けている。




 クラーク記念国際高等学校の東京キャンパスに設置されているパフォーマンスコースは創設20年。高校の一般教科を学びながら、表現に関する専門科目も実践的に学ぶことができる。その内容はダンス・歌唱・演技・舞台・映像・殺陣・インプロ・RAPなど多岐にわたり、年2回の大型公演を中心としたイベントに年10本以上出演している。俳優やアーティストを多数輩出する一方、昨年度の大学進学率は89.5%と高い実績を残し、今年度はすでに新国立劇場の演劇研修所の研修生のほか、多摩美術大学の演劇舞踊デザイン学科など多数の進学者が決定した。

 今回の公演では、「劇団☆新感線」の座付作家でも知られる脚本家の中島かずき氏による脚本「花の紅天狗」を、総勢約100名のパフォーマンスコース生が演じる。過去にプロの役者も演じている難易度の高い本作品を、高校生であるパフォーマンスコース生独自の視点やオリジナリティを加え挑戦。演者としてはもちろん、装置、背景、衣装、大道具や小道具の製作、スポンサー集めに至るまで、全て生徒が主体的に行動することが要求される。

 パフォーマンスコース入学者の多くは舞台未経験者。「人前で恥ずかしがらない」といったごく初歩的な練習から始めるが、舞台経験のある教員やプロの講師から指導を受けて専門的な技術を磨き、コース活動を通して生徒たちは主体性、協働性、多様性を学んでいく。今年度は、東京音楽大学との高大連携授業を実施。現役オペラ歌手からのヴォイストレーニングも受け、技術面においてさらに進化した。

 昨今、表現教育の重要性が改めて注目されている。特に、子どもたちが自ら取り組み表現するプロセスを重視するワークショップ型の授業で、これからの社会で求められる知識を生かす力、すなわち「思考力・判断力・表現力」を伸ばそうとする動きが活発だ。「生きる力」の育成を掲げて学習指導要領の改定が行われた1998年に、当校はパフォーマンスコースを設置。全人的な資質を育むことを目指してこれまで教育を行ってきた。その成果発表となる公演の概要は以下の通り。



■ 第138弾公演「花の紅天狗」舞台詳細
【日 時】
 2月15日(木)18:30〜
 2月16日(金)13:00〜 18:00〜
 2月17日(土)13:00〜 18:00〜
 2月18日(日)11:00〜 16:00〜
【場 所】六行会ホール(京浜急行「新馬場」より徒歩2分)
【予 約】要(全席指定・当日券あり)
【観劇料】一般:2,000円 高校生以下:1,000円
※上記の時間は開演時間です。開場は30分前となります。
※当日は大変な混雑が予想されますので、ご予約をお勧めしています。
※開場の10分前にご来場されない場合、キャンセル扱いとなります。
※未就学児の観劇はご遠慮いただいております。

■「花の紅天狗」あらすじ
 伝説の舞台『紅天狗』の上演を目指す、月影花之丞率いる劇団月影花之丞一座。蕎麦屋の出前持ちの''赤巻紙茜''に才能を見出し一座へ引き込むと、一座の看板女優、''桜小町カケル''と共に、『紅天狗』を目指し日々競い合うことに。一方、一座の『紅天狗』上演権を狙い、''仰天一郎''や''上川端麗子''が動き出し...奇人・変人入り乱れ、今、伝説の舞台の幕が開く!「クレヨンしんちゃん」「天元突破グレンラガン」の構成などで知られる中島かずき脚本による、パロディ満載のコメディミュージカル。毎回好評のダンス、歌、殺陣も盛りだくさん。魂を揺さぶる最高に楽しい時間をお約束します!

■ お問い合わせ
1)観劇に関するお問い合わせ
 クラーク記念国際高等学校 東京キャンパス
 TEL:03-3203-3600

2)取材に関するお問い合わせ
 クラーク記念国際高等学校 広報部
 TEL:03-3203-3600
 ※上演中の撮影は不可(写真の提供に関してはご相談ください)


▼本件に関する問い合わせ先
クラーク記念国際高等学校 広報部
加藤 景
住所:東京都新宿区高田馬場1-16-17
TEL:03-3203-3600
FAX:03-3202-1760
メール:kkatoh@seg.ac.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]