逆境経営を乗り越えた“世界の獺祭”の裏側  旭酒造株式会社 会長 桜井 博志氏 登壇セミナー 取材のご案内

早稲田大学 2018年02月15日

From 共同通信PRワイヤー

2018/02/15

早稲田大学広報室広報課

逆境経営を乗り越えた、“世界の獺祭”の裏側とは?旭酒造株式会社 会長 桜井 博志氏 登壇セミナー への取材のご案内

早稲田大学が展開するWASEDA NEOでは、各界でイノベーションを起こしてきた方を講師にお招きし、特別講演プログラム「パイオニアセミナー」を実施しています。講師と受講者、受講者同士の活発な議論を通じ、自身の生き方を変化させる新たな気づき・考えるきっかけを得ていただくことを目指しています。
第6回を迎える今回は、世界にその人気を誇る日本酒「獺祭(だっさい)」の酒造である旭酒造株式会社 会長 桜井 博志氏を招き、『味わう酒を求めて~逆境経営を乗り越え、辿り着いた世界の獺祭とは~』を開催します。
家業を継いだ1984年から、生産力の縮小や新規事業の失敗、仕込み時期の杜氏の突然の離脱など絶体絶命な状況を経験。「ロング倒産状態」とまで揶揄された逆境経営の旭酒造を、桜井氏がどのように乗り越えて“世界の獺祭”をつくりだしたのか。当日は、30数年間現場で格闘しながら掴んだ経営の本質についてのお話だけでなく、受講者同士のネットワーキングを狙った獺祭3種の利き酒も行います。
つきましては、本プログラムの様子やWASEDA NEOの活動に関してご取材いただきたくご案内差し上げます。皆様におかれましては、諸事ご多用の折とは存じますが何卒ご検討のほど宜しくお願い申し上げます。

                               記

1.開催日:2018年2月19日(月) 18:30~20:30(受付開始 18:00~)
2.場 所:早稲田大学 日本橋キャンパス WASEDA NEO
   [住所] 東京都中央区日本橋1-4-1 日本橋一丁目三井ビルディング5階
   [地図]  (リンク »)
3.招待予定者:経済部、社会部、経済・教育関係担当記者 他
4.プログラムについて (リンク »)
  (リンク »)
 お手数ながらご取材いただける方のお名前を電話、E-mailまたはFAX(別紙用紙) (リンク ») にて、2月16日(金)17:00までにお知らせください。




関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]