金沢工業大学が高等学校教員・大学教職員・教育関係者を対象に第16回数理工教育セミナー『高大接続と数理教育の質的向上を目指したICTの活用』を開催

金沢工業大学 2018年02月15日

From Digital PR Platform




金沢工業大学では、高等学校教員・大学教職員・教育関係者を対象に「第16回数理工教育セミナー」を2018年3月10日(土)10時から16時30分まで金沢工業大学扇が丘キャンパス23号館4階409室で開催します。テーマは『高大接続と数理教育の質的向上を目指したICTの活用』で、参加費は無料です。
第16回数理工教育セミナーでは、高大接続に向けたさまざまな取り組みの現状を踏まえて、高大接続に対応した新しい教育の形、とりわけ近年導入の進むICTの活用方法に焦点をおき、今後の高大接続改革とICTを活用した教育、高校生や大学生の数理の教育の質的向上について高等学校と大学等の教育関係者で共に考えていきます。




◆第16回数理工教育セミナー
『高大接続と数理教育の質的向上を目指したICTの活用』

日時:2018年3月10日(土) 10時~16時30分 (受付 9時30分~)
会場:金沢工業大学23号館4階(23・409 教室)
対象:高等学校教員・大学教職員・教育関係者等
参加費 無料

■第1部 招待講演 10時~12時30分
【招待講演】 10時10分~11時15分
「高大接続のあり方と今後について」
講師:近藤治氏(学校法人河合塾 教育イノベーション本部副本部長)

【招待講演】 11時25分~12時30分
「CBTを活用した反転学習の取組-教材設計と授業デザイン-」
講師:小松川浩氏(千歳科学技術大学情報システム工学科教授)

~休憩(昼食)~
12時30分~13時30分

■第1部 事例報告 13時30分~15時30分
【事例報告1】 13時30分~14時20分
「生徒の主体的な学びを促すBYODを活用した授業改善とその可能性
~内灘高等学校の新たな取り組みを踏まえて~」
講師:崎山寛之氏(石川県立内灘高等学校教諭)

【事例報告2】 14時30分~15時20分
「ICTを活用した学習の質的向上の取組み」
講師:西誠(金沢工業大学数理工教育研究センター教授)

■第2部 15:30~16:30
懇談会

●お申込締切:2月23日(金)17時まで
お申込み方法につきましては以下の数理工教育研究センターwebページをご覧ください。
  (リンク »)


▼本件に関する問い合わせ先
広報課
住所:石川県野々市市扇が丘7-1
TEL:076-246-4784
FAX:076-248-7318
メール:koho@kanazawa-it.ac.jp


【リリース発信元】 大学プレスセンター (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。