「ハッピーりぼーん」プロジェクト開始~ものを大切にする心をはぐくむ~環境省との共同プログラム ハッピーセットのおもちゃリサイクル

日本マクドナルド株式会社 2018年02月21日

From Digital PR Platform


(リンク »)
日本マクドナルド株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長兼CEO:サラ・エル・カサノバ)は、遊ばなくなったハッピーセットのおもちゃを全国の店舗にて回収しリサイクルする、日本マクドナルドと環境省の共同プログラム、「ハッピーりぼーん」プロジェクトを2018年2月23日(金)から5月6日(日)まで実施します。

本プロジェクトは、大変多くのファミリーのお客様にご利用いただいているマクドナルドが、持続可能な社会の実現に貢献できる活動として実施するもので、プラスチックのおもちゃを対象にしたリサイクルでは国内最大級の規模となります。進級・進学で新生活が始まるお片付けシーズンのこの時期を、子供たちが一歩成長する機会と捉え、この期間に行います。「ハッピーりぼーん」プロジェクトを通じ、子供たちが遊ばなくなったおもちゃと上手にお別れしてリサイクルに参加することで、ものを大切にする心や環境への意識を醸成する機会となること、また、おもちゃのリサイクルや回収に関する諸課題を把握することを目的としています。

本取り組みを開始するにあたり、今年1月に「子供のおもちゃお片づけに関する母親意識調査」を実施したところ、“子供のキモチを大切にしながら、上手におもちゃとお別れさせたい”という母親の思いや、“リサイクルが理想だけど方法が難しい/わからない”といった悩みが明らかとなりました。「ハッピーりぼーん」プロジェクトが、子供たちの成長のきっかけを提供し、おもちゃのリサイクルに関する母親のニーズの解決をお手伝いします。

2月23日(金)から5月6日(日)まで、全国のマクドナルド店頭におもちゃ回収用ボックスを設置し、ハッピーセットのおもちゃを受領します。おもちゃを持って来てくれた子供たちには、マクドナルドからの感謝のしるしとして、「ハッピーりぼん」をお渡しします。期間中に100万個のおもちゃの回収を目指し、ご提供いただいたおもちゃは、リサイクルされ、店舗で使用するトレイとして生まれ変わります。また、環境省のサポートを得ながら、お客様の感想収集や行動変容の実態調査、子供たちのエコ教育に繋がるような企画等、様々な活動の検討をしております。

また、「ハッピーりぼーん」の活動をお伝えするため、2月22日(木)から、子供たちに絶大な人気を誇る横山だいすけさん(だいすけお兄さん)出演のTVCMを放送いたします。
(リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]