Modex、待望のICOを目前に控え、世界初ブロックチェーン向けマルチプロトコル対応アプリストアを開設へ

Modex 2018年02月22日

From JCN Newswire


LONDON, Feb 22, 2018 - ( Media OutReach ) - Modexが運営するブロックチェーン向けアプリストアが待望のICOを目前に控えた3月15日に開設されることが、同社CEOのMihai IvascuによってParis Fintech Forumで発表されました。

Modexは、受賞歴のあるピアツーピア モバイル決済アプリ「Moneymailme」の制作チームが構築したスマートコントラクトのマーケットプレイスで、開発者は審査・監査を経て、自作アプリをアップロードして販売することができます。

ModexのICOは、戦略的に時期を計ったうえで3月28日から30日間または目標調達額に達するまで実施されます。現在プレセールを実施中で、スマートコントラクトのマーケットプレイスの早期支援者から出資を募っています。

早期の段階でこのプラットフォームに強い関心が集まっているのは明らかです。世界中から600名を超えるブロックチェーン開発者がコミュニティに参加登録しており、Modexチームは既にスマートコントラクトの顧客を集客しています。

Modexは、優先度の高いスマートコントラクトの主な利用事例を特定することで、才能のある開発者を引き付けるとともに、戦略的なスマートコントラクトで市場を開拓し、実世界のニーズに即して、企業とブロックチェーン開発者との架け橋になるための準備を整えています。

ERC20に基づくModexトークンは、ICO実施後に発行され、プラットフォームサービス料の支払い、スマートコントラクトの購入、分散トランザクション用APIへのアクセスに使用できます。

ModexのCEO、Mihai Ivascuは次のように述べています。「現在、ブロックチェーン技術は最大のゲームチェンジャーの1つです。それは、本技術を使うことで、資金調達、資産運用、医療記録、スマート証明書、製品検証、さらに選挙や投票記録まで、ほぼすべてに信頼を確保できるからです。スマートコントラクトは、すべての人々に大きな飛躍と膨大な可能性をもたらすものであり、その利用用途は無限に広がっています。Modexは未来に変革をもたらすことを目指しています。」

Modexの創業者兼CEOは、社会的影響を及ぼすブロックチェーンのシリアル起業家で、プロジェクトマネジメント、フィンテック、ソフトウェア開発、スタートアップコンサルティングで10年以上の経験を有しています。2017年には、IT & Tech業界で最も優秀な若手起業家およびリーダーの1人として、「Forbes 30 Under 30」に選出されました。

「ほとんどの企業は既にブロックチェーン技術の価値を認識していますが、多数の企業が依然としてこの技術を実装できていません。Modexは、世界でブロックチェーン技術の普及を加速するため、企業とブロックチェーン開発者との架け橋になることを目指しています。」と、Ivascuは説明します。

企業と開発者向けに設計されたModexマーケットプレイスは、消費者には技術採用、企業にコスト削減、開発者にツール、コミュニティに信頼と関与といった大きなメリットをすべてスマートコントラクトのエコシステムに組み込みます。

Modexのチームは、銀行・金融機関向けソフトウェア開発に高度な経験を有するプロフェッショナルである50名の専門家と顧問から構成されており、前職でGoogle、Oracle、Temenos、JP Morgan、Deutsche Bank、E&Yに在籍していた者、ならびにマーケティング専門家、成功を収めるスタートアップ起業家などから成る献身的で熟練した集団です。

報道関係者からのお問い合わせ:
Mihaela Becheru
Modex 広報責任者
E-mail: Mihaela@Modex.tech
電話: +40766.350.466

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]