マーサーとエデックス、企業の未来の労働力を構築するオンライン学習ソリューションの戦略的提携を発表

マーサー ジャパン株式会社 2018年02月22日

世界最大級の人事・組織コンサルティング会社マーサーと、オンライン学習の大手非営利サイトを運営するエデックスは、戦略的提携を締結したことを発表しました。マーサーが持つ、企業組織の未来に向けた労働力構築をサポートするコンサルティング知見と、エデックスの大規模公開オンライン講座 (MOOC) プラットフォームを合わせて、誰もがどこででも受けられる、質の高い教育を提供することが可能になります。

世界最大級の人事・組織コンサルティング会社マーサーと、オンライン学習の大手非営利サイトを運営するエデックスは、戦略的提携を締結したことを発表しました。マーサーが持つ、企業組織の未来に向けた労働力構築をサポートするコンサルティング知見と、エデックスの大規模公開オンライン講座 (MOOC) プラットフォームを合わせて、誰もがどこででも受けられる、質の高い教育を提供することが可能になります。

この提携により、マーサーデジタルの提供製品ラインが強化されます。マーサーは、エデックスとともに、クライアント別の学習目標に基づいて講座のカタログを作成することによって、スキルの格差を埋めて、未来の労働力への支援を提供する予定です。

マーサーのキャリア部門長でありシニア・パートナーのイリヤ・ボニッチは、「調査では、現在従業員が備えているスキルは、5年後にはわずか35%程度しか有用ではなくなり、現在の仕事には新しいスキルセットが必要となることが示されています。」と述べた上で、「エデックスと協業することで、スキルの向上や再訓練により、変化に富む時代で組織が成功するための労働力の移行を支援することができるのです。」と述べています。

「このパートナーシップは、特にアジア、中東、アフリカ、ラテンアメリカの成長市場で活動するお客様にとっては特別なものとなります。これらの地域には、第4次産業革命の到来による明白なスキルの格差が成長の妨げとなったり、不平等な状態を悪化させたりし得るという証拠が十分にあります。特にこのような地域で労働力が多世代に亘るようになれば、企業の学習戦略は、様々な労働者層のニーズに応えるために進化する必要がでてきます。このパートナーシップによって、お客様のパートナーとして、従業員の学習の道のりを包括的に提供していくことが可能になるのです。」と、キャリア部門パートナーであるプニート・スワーニも述べています。

2012 年にハーバード大学とMIT (マサチューセッツ工科大学) によって創立されたエデックスは、130校を超える世界有数の大学と機関による質の高い講座を、世界中の学習者と、コスト効率が良く大規模に展開できる従業員トレーニングのソリューションを求める企業に提供しています。非営利かつオープンソースである唯一のMOOCプロバイダーとして、エデックスは世界中で、誰にでも役立つ学習ツールと革新的なソリューションを提供しています。

MITの教授でありエデックスのCEO(最高経営責任者)である アナント・アガワルは、「エデックスは、質の高い教育へのアクセスを、世界中の個人の学習者とあらゆる規模の企業に対して展開することをミッションとして運営しており、生活を転換し、キャリアを進展するために必要なツールを提供しています。」と述べています。また、「マーサーと協働して、従業員が最も需要の高い分野の知識を得られるように企業を支援できることを嬉しく思います。スキル格差の縮小に大きな変化をもたらし、未来の労働力と社会全体にポジティブな影響を与えることになるでしょう。」と述べています。

本リリースは弊社Webページからもご確認いただけます:
(リンク »)

* * *
<マーサーについて>
マーサー (英語社名:Mercer、本社: ニューヨーク、社長兼CEO:Julio A. Portalatin) は、組織・人事、福利厚生、年金、資産運用分野におけるサービスを提供するグローバル・コンサルティング・ファームです。
全世界約22,000名のスタッフが44ヶ国、約180都市の拠点をベースに、130ヶ国以上でクライアント企業のパートナーとして多様な課題に取り組み、最適なソリューションを総合的に提供しています。

日本においては、40年の豊富な実績とグローバル・ネットワークを活かし、あらゆる業種の企業・公共団体に対するサービス提供を行っています。組織変革、人事制度構築、福利厚生・退職給付制度構築、M&Aアドバイザリー・サービス、グローバル人材マネジメント基盤構築、給与データサービス、年金数理、資産運用に関するサポートなど、「人・組織」を基盤とした幅広いコンサルティング・サービスを提供しています。

マーサーは、ニューヨーク、シカゴ、ロンドン証券取引所に上場している、マーシュ・アンド・マクレナン・カンパニーズ(証券コード: MMC)グループの一員です。マーサーについての詳細は、以下をご参照ください:

マーサー ジャパン ウェブサイト (リンク »)
Mercer(Global) ウェブサイト (リンク »)


<マーシュ・アンド・マクレナン・カンパニーズについて>
マーシュ・アンド・マクレナン・カンパニーズ (ニューヨーク証券取引所コード: MMC)は、グローバルプロフェッショナルサービスを提供する企業グループとして、顧客企業にリスク、戦略、人材分野の助言とソリューションを提供しています。

マーシュ・アンド・マクレナン・カンパニーズはマーシュ (保険仲介とリスクマネジメント)、ガイカーペンター (再保険仲介・コンサルティング)、マーサー (組織・人事マネジメント・コンサルティング)、そしてオリバーワイマン (戦略コンサルティング)から構成されており、年間総収入140億米ドル超、全世界に約65,000名の従業員を擁し、世界各地の顧客に分析、アドバイスを行い、各種取引を支援しています。

当グループは責任ある企業市民として事業展開しているコミュニティに貢献しています。詳しい企業情報については www.mmc.comをご覧ください。


<エデックスについて>
EdX.orgは、MIT (マサチューセッツ工科大学) およびハーバード大学によって創設された大手オンライン学習プラットフォームです。初のオープンソースの非営利学習サイトであり、大規模公開オンライン講座 (MOOC) のプロバイダーとして、世界有数の大学や機関による質の高い講座やプログラムを提供しています。エデックスの詳細につきましては、www.edx.org または (リンク ») をご覧いただくか、FacebookとTwitterでフォロ―してください。


<本件に関するお問い合わせ>
マーサージャパン株式会社
広報:小原 香恋 Karen Ohara
Tel: 03 6775 6639 pr.japan@mercer.com


組織・人事変革コンサルティング部門
Tel: 03 6775 6511 hcas.japan@mercer.com
* * *

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

マーサー ジャパン株式会社の関連情報

マーサー ジャパン株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]