100名限定!起こしのプロ「母ちゃん」と早起きが特訓できる!?

KDDI株式会社 2018年03月01日

From 共同通信PRワイヤー

2018年3月1日

KDDI株式会社

100名限定!起こしのプロ「母ちゃん」と早起きが特訓できる!?
「au モーニングコールセンター」を期間限定で開設
~早起きに不安のある若者をauが応援!3月1日より応募開始~

100名限定!起こしのプロ「母ちゃん」と早起きが特訓できる!?
「au モーニングコールセンター」を期間限定で開設
~早起きに不安のある若者をauが応援!3月1日より応募開始~

 KDDIは、早起きに不安を抱える新社会人をはじめとした若者を対象に、10人の個性豊かな「母ちゃん」による早起き練習用モーニングコールを提供する「auモーニングコールセンター」を期間限定で開設し、2018年3月1日から応募を開始します。
「auモーニングコールセンター」は、応募いただいた方の中から抽選で100名の当選者に、起こしのプロである「母ちゃん」が5日間連続で電話をかけることで早起きの特訓を行うトレーニングプログラムです(無料)。

【画像: (リンク ») 】

【動画: (リンク ») 】

詳細はこちらからご確認ください。( (リンク ») )
         
KDDIが実施した「新社会人の不安と起床に関する意識調査」によると、8割以上の新社会人がスマホで起床しているという実態がある一方で、新社会人になるにあたり不安なこととして、約3人に2人が「毎朝しっかり早く起きられるかどうか」「寝坊してしまわないか」を不安に思っていることが浮き彫りになりました。また、そのうち約8割が「寝坊しないように入社前の3月頃には早く起きる練習が必要」と感じていることや、「自分の起こし方を最も熟知しているのは母親と思っている」ことなどが分かりました。
調査についての詳細はこちらをご参照ください。

「新社会人の不安と起床に関する意識調査」
(リンク »)
 これらの結果を踏まえて、起こし方を熟知した起こしのプロ「母ちゃん」による早起き練習用のモーニングコールセンターを期間限定で開設することになりました。

auでは、25歳以下の方とその家族を対象(注)として「ピタット学割」「フラット学割」を2018年5月31日まで提供しています。新社会人を中心とした多くの若者が抱えている「朝起きられないかも」という不安を解消するために、若者応援の一環として取り組む本施策ならびに、「ピタット学割」「フラット学割」を通じて、auは、新社会人を含めた若者の生活を応援してまいります。

「auモーニングコールセンター」概要
1.サービス概要
(1)期間
2018年3月19日(月)から3月23日(金)まで
(2)内容
 10人の「母ちゃん」によるモーニングコールサービスです。(無料)
 起こし方や意気込みなどから自分が起こしてほしい「母ちゃん」を応募時に選択可能。
 担当の「母ちゃん」が早起きを特訓。5日間連続で毎朝モーニングコールを担当し、人間味あふれる「起こし」を体験できます。
 スヌーズ機能も搭載。本物の母親のように時には厳しく起こします。
(3)ご応募いただける方
早起きに自信がなく、朝起してほしい18歳以上の方から抽選で100名の当選者
※au以外をご利用中の方もご応募いただけます。

【画像: (リンク ») 】


2.応募方法
(1)期間  
2018年3月1日(木)10:00~3月12日(月)23:59
   (2)応募方法
①特設サイトへアクセス
( (リンク ») )
②以下の10の時間帯から、希望する時間帯を選択
(6:30/6:45/ 7:00/7:15/7:30/7:45/8:00/8:15/8:30/8:45)
 ※モーニングコールは5日間同じ時間帯に実施します。
③10人の「母ちゃん」の中から希望の「母ちゃん」を選択
「母ちゃん」のプロフィールとして以下の項目を記載されています。
(キャッチフレーズ/名前/年齢/出身地/育て上げた人数/特徴/声質/必殺技/意気込み)






【画像: (リンク ») 】





④お名前、お電話番号等と意気込みを登録し申込完了。
後日、当選者へはEメールで当選案内をお送りします。

<注釈一覧>
(注)ピタット学割、ならびにフラット学割の詳細、適用条件はこちらからご確認ください。
    (リンク »)


以 上




関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。