総合案内フロアを大幅リニューアル!患者サービスの充実と地域医療連携の強化を図り ます -- 横浜市立大学

横浜市立大学 2018年03月01日

From Digital PR Platform




横浜市立大学附属病院は、入院支援窓口、療養相談・退院支援窓口、地域連携室等の各種窓口を集約し、多職種による相談支援体制を構築することで患者サービスの充実を図るとともに、地域の医療機関との連携を強化するため、「患者サポートセンター」を開設しました。




◆主な改修のポイント◆ 

(1)多職種による入退院支援
 看護師、薬剤師、ソーシャルワーカー、地域連携部門の事務職員などを同フロアに集約し、多職種が連携して患者さんを支援します。これにより、入院前の患者情報の聞き取りや入院に関する案内、退院後の療養、かかりつけ医の紹介など、入院決定時から退院後まで切れ目のないサポートが実現します。



(2)地域医療機関との連携機能を強化
 地域の診療所やクリニック、病院など他医療機関との円滑な連携を図るため、同フロアの地域連携室に関係機能を集約します。これにより、地域の診療所や病院からの患者紹介の受入れや、退院後の逆紹介等がスムーズに行われるようになります。




※詳細については添付のPDFをご覧ください


<お問い合わせ先>
附属病院 医事課長 高橋正海  Tel 045-787-2806









【リリース発信元】 大学プレスセンター (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]