AITalk利用!コピーするだけ、かんたん文章読み上げソフト 「音読のプロ」3/2より新発売!

株式会社エーアイ 2018年03月02日

From DreamNews

株式会社エーアイ(本社:東京都文京区、代表取締役:吉田 大介、以下エーアイ)は、高品質音声合成エンジンAITalk(R)を利用したWindows用の読み上げソフト「音読のプロ」をソースネクスト株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:松田 憲幸、以下ソースネクスト)より2018年3月2日より販売することをお知らせします。




販売サイト: (リンク »)

■「音読のプロ」特長
●かんたんにテキストを「AITalk」で読み上げ
音読のプロは、テキスト形式であれば、様々なソフトやウェブページの文章を1操作で読み上げができます。webサイトやWord、PowerPoint、Excel、PDFなどにも対応しています。Ctrl+Cのショートカットキー、もしくはドラック&ドロップで読み上げができるので、簡単に使えます。
音声読み上げには、エーアイの音声合成エンジン「AITalk」を利用しているので、より人間らしく聞き取りやすい高品質な合成音声で読み上げます。




●こんな時に便利
・他の作業をしながらニュースや電子書籍の内容を把握したい時に
・文章や数字の誤字脱字チェック
・画面の文字が読みづらく、目を休めたい時に
・プレゼンテーションの読み上げ など

●長文にも対応、文章の途中からでも再生できる
長い文章でも一括で読み上げができます。文章の途中でも、選択した箇所から読み上げることもできます。再生中は読み上げ箇所が青色に変わるので、どの箇所かすぐにわかります。




■「音読のプロ」製品概要

製品名   「音読のプロ」
価格    1,980円(税別)
製品内容  文章読み上げソフト
開発    株式会社エーアイ
販売    ソースネクスト株式会社
販売サイト  (リンク »)

■「音読のプロ」動作環境
対応OS     Windows10 / 8.1/ 7 ( 32/64ビット版) が正常に動作するパソコン
CPU      Intel / AMD Dual Core 以上のプロセッサ (Intel Core i3 以上推奨)
HDD/SDD容量 インストール先ドライブに600MB の空き容量
        システムドライブにも別途空きが必要
RAM      2GB以上(4GB以上推奨)
その他     DirectX 9.0c 以降に対応したオーディオデバイスが必要
※ご使用時にインターネット接続が必要です。

■「音読のプロ」製品に関するお客様お問い合わせ先
●ソースネクスト・カスタマー・サポートセンター
ご購入前相談ダイヤル 0570-035-333 (IP電話からは 082-553-1081)

■音声合成AITalk(R)とは
AITalk(R)は、コーパスベース音声合成方式を採用し、より人間らしく自然な音声で、自由に音声合成をすることができる音声合成エンジンです。
●3つの特徴
(1)豊富な話者と言語
日本語話者は大人から子供まで男女15種類、関西弁にも対応。言語の種類は36種類以上の豊富な音声ラインナップ。
(2)感情表現も実現
使用するシチュエーションやご用途に合わせた喜怒哀楽の感情表現を実現。
(3)誰の声でも合成データに
芸能人や声優、自分の声でも短時間の収録で音声合成用データに変換。
※1:プランにより収録文章数が異なり、また個人によって読上げスピードや読み間違い等があるため、収録時間に差があります。
※2:一般的に収録文章数が多いほど音質は向上します。ご用途によって最適な収録数・音声辞書作成方法をご提案いたします。

■株式会社エーアイ 会社概要
・ホームページURL: (リンク »)
・本社:東京都文京区西片1-15-15 KDX春日ビル10階
・設立:2003年4月
・事業内容:音声合成エンジンの開発および関連するソリューションの提供

※掲載されている会社名・製品名・サービス名は各社の商標または登録商標です。




関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]