「Nessus」を提供する『Tenable Network Security』サイバーリスク軽減のため、「ServiceNow」と戦略的アライアンスを発表

Tenable Network Security Japan K.K. 2018年03月02日

From PR TIMES

 企業の様々な情報資産の脆弱性を手間なく自動で可視化、改善するソリューションを提供する『Tenable Network Security』(以下:テナブル、所在地:メリーランド州コロンビア、代表:Amit Yoran (アミット・ヨーラン)は、テナブルが提供する「サイバー・エクスポージャープラットフォーム」と ServiceNow社が提供する「ServiceNow(R) Security Operations」 とのアライアンスを発表しました。このアライアンスにより、企業や政府組織のサイバーリスクを把握・管理・軽減する手段が簡略化され、運用効率化を実現します。

※本リリースは2017年2月28日(米国時間)に米国で発表されたプレスリリースの抄訳版です。原文は下記URLを参照ください。
(リンク »)

 ビジネスのデジタルトランスフォーメーションを通じて、テクノロジーやコンピューティング プラットフォームが進歩し、組織のサイバーリスクを特定することが難しくなっています。さらに、セキュリティ部門とIT部門の分断という組織的課題により、サイバーリスクが見つかっても、スピーディーに修正できないことが問題となっています。

 この問題を解決するため、テナブルとServiceNow社は戦略的アライアンスを発表しました。このアライアンスによりIT・クラウド・IoT資産を自動検出し、脆弱性を継続的に評価します。脆弱性と資産のビジネス的な重要度を結びつけ、そのデータに基づいて問題の優先付けを行い、改善を加速することができるようになります。優先度の高い脆弱性をいち早く改善するように自動化されたワークフローを実行することで、時間の短縮とリスク改善軽減を行います。今回のインテグレーションは、問題の十分な解決を検証するための資産自動再評価機能ももたらし、完全にクローズドループな改善プロセスを作り出すことができます。

【米国テナブル社 Dave Cole氏(最高プロダクト責任者(CPO))のコメント】
「ServiceNowとのアライアンスにより、共通の顧客に対して広範なサイバーリスクの可視化とサイバーエクスポージャーに対するより深いインサイトを提供できることを嬉しく思います。顧客はITからクラウド、コンテナ、IoTデバイスまで、アタックサーフェス全体にわたり、総合的にサイバーリスクを把握し、軽減することができます。サイバーリスクは今日のデジタルエンタープライズにおいてますます課題となっており、セキュリティ部門とIT部門の間のギャップを埋めることができる、唯一の方法なのです。」

【ServiceNow社のSean Convery氏(セキュリティ事業部ゼネラルマネージャー)のコメント】
「セキュリティチームは脆弱性をスキャンするだけでは、「ミッション達成」とは言えません。TenableとServiceNowが協力することで、顧客はビジネスへの影響とセキュリティリスクを把握することが可能になり、パッチ適用やその他の対応作業は最大限の効果をもたらし、改善スピードを加速してくれるでしょう。」


【米国テナブル社プロフィール】
 Tenable Network Securityは、総合的なセキュリティのソリューションにより、将来のビジネスニーズに合わせてそのテクノロジーを変革し、企業組織の情報保護に向けた有効的な対策を提供しています。Tenableはセキュリティの脆弱部分を解消し、脅威に優先順位を付け、エクスポージャーと損失を削減します。世界中に100万人以上のユーザーと2万社を超える法人顧客をもつTenableは、裏付けのあるセキュリティ・イノベーションによって企業から信頼を得ています。

【ServiceNow社プロフィール】
 ServiceNow社は、サービスマネジメント・プラットフォームを企業に提供する「エンタープライズクラウドカンパニー」です。ServiceNowのプラットフォームを利用すれば、電子メールやスプレッドシートへの依存性を除去しながら、業務フローを定義・構築・自動化し、企業におけるサービスのデリバリと管理を変革することが可能となります。ServiceNowは、IT部門だけでなく、人事、経理、ファシリティ、フィールドサービスなどあらゆる組織にサービスマネジメントを提供することにより、人々の働き方を変えていきます。

 ServiceNow、ServiceNowのロゴ、ならびにその他のServiceNowのマークは、米国およびその他の国で登録されたServiceNow, Incの商標または登録商標です。その他記載の会社名、製品名は、それぞれの会社の商標もしくは登録商標です。


【米国テナブル社企業概要】
商号: Tenable Network Security
代表: Amit Yoran アミット・ヨーラン
住所: 7021 Columbia、  
Gateway Drive Suite 500 Columbia,
MD 21046

【テナブル社企業概要】
商号:Tenable Network Security Japan K.K.
住所:東京都千代田区丸の内2-3-2
郵船ビルディング1階

プレスリリース提供:PR TIMES (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]