簡単かつ正確に、最新の商品情報を共有するためのクラウド商品情報管理ソフト「motolist」をリリース

株式会社リーピー 2018年03月05日

From DreamNews

株式会社リーピー(本社:岐阜市/代表取締役:川口 聡/以下、当社)は、2018年3月1日より、商品情報を一括管理し情報共有を効率化させるソフトmotolist(モトリスト)をリリースいたしました。当サービスでは、30日間の無料トライアル期間も設けております。

■サービス提供開始の経緯
motolist(モトリスト)は、商品説明や販売に関わる様々な情報を一括で管理できる商品情報管理ソフトです。一般的に、同様の機能を持つソフトは、導入費として数百万円、さらに維持費がかかるなど高価であり、導入している中小企業はほぼありませんでした。そこで、当社のお客様から「担当者のPCに保存したエクセルデータ・画像を取引先1社ごとに送っている」「メーカーの社内でも最新データが共有されていないことがある」などの相談を受け、商品情報管理ソフトのニーズがあることを認識し、開発に至りました。当ソフトはクラウド上で情報を共有するため、PCやスマートフォンから簡単に最新情報の更新やデータの確認、ダウンロードなどをすることができますので、販売元は商品の開発など、本来の業務に集中することができるようになります。価格も、取引先(情報の公開先)10社までは月2,980円、その後1社追加するごとに300円という圧倒的な業界最安値を実現しました。
昨年の10月より、モニターに無料で使用してもらうベータ版をリリースしており、この度、ベータ版をご利用いただいたお客様のご要望を反映した正式版のリリースをいたします。機能がシンプルで汎用性が高いため、ベータ版では製造業から食品メーカーまで、幅広くご利用いただくことができました。当社では、2018年12月までに100社への導入を目指しております。

特設サイト: (リンク »)

■クラウド商品情報管理ソフト「motolist(モトリスト)」の特長
・最新の商品情報の共有だけでなく、画像やプロモーション動画、
 現場でPRしてほしいトークスクリプトや販促ツール(チラシやWeb用のバナーなど)も共有できる
・必要な画像形式や、列配置のCSVデータを指定してダウンロードできる
・取扱商品に合わせて自由に項目のカスタマイズが可能(商品説明、サイズ、成分、価格、JANコードなど)
・新商品販売時、情報更新時などに、一括メール配信が可能
・管理画面がわかりやすく、ブログ更新程度の簡単な操作で誰でも容易に操作ができる
・登録した商品の検索機能・並び替え機能があり、該当する商品をすぐに探すことができる
・取引先ごとに表示する商品を指定するなど、個別の事情にも対応可能
・SSL暗号化やサーバーのセキュリティ対策も完備
・製品情報や商品画像をクラウド上で一元管理できるため、自社専用のファイルサーバーとして利用もできる
・情報の公開先10社までは月2,980円という全国的にも安価な価格帯で、その後1社追加するごとに300円という
 30日間の無料トライアルも設けているため導入のハードルが低い
・20代の96.8%、30代で92.1%(a) がスマートフォンを所有している実態を踏まえ、
 スマートフォンから閲覧した際は、自動的に見やすいデザインに切り替わるレスポンシブ機能を導入予定

(a)出典:総務省 ・平成28年情報通信メディアの利用時間と情報行動に関する調査報告書

[提供会社について]
株式会社リーピー 設立:2013年10月 HP: (リンク »)
事業内容:地域活性化を目的としたWeb戦略プロデュース事業(ホームページ制作、Webプロモーション、他)
反響増加を目的としたホームページ制作を得意としており、取引社数は創業から4年で230社を超えております。


関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]