EMSって具体的に何ができるの?最新EMSが提供する機能と使い方のポイント

ディーアイエスソリューション株式会社 2018年03月06日

ディーアイエスソリューションは安井智志氏のコラム第8回「EMSって具体的に何ができるの?最新EMSが提供する機能と使い方のポイント」を公開しました。

###
前回はEMSの概要についてお話しましたので、今回は具体的にEMSが提供する機能やどこに優位性があるのか等についてご説明していきたいと思います。まずは、基本的な導入構成の話から。

◆「EMSとOffice365は原則セットで考えるべし」
Office365ではない他のクラウドサービスの認証基盤としてAzureADを利用したり、Windows10を含むデバイスをIntuneで管理頂くといったことはもちろん可能です。しかし、EMSはOffice365との組み合わせで実現できる機能も多いことから、コスト的に見合わないと判断されることも多いです。
(今後、AzureADがオンプレミスADを完全に取込んで企業内認証基盤のデファクトになってくれば話は別です。)
そもそも同じメーカーであればサービスの親和性は自ずと高いですし、設計思想も同じわけですから、当たり前といえば当たり前です。接続元のWindows10も含めてすべて同じメーカーの考え方で繋がることになります。

(この続きは以下をご覧ください)
(リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

ディーアイエスソリューション株式会社の関連情報

ディーアイエスソリューション株式会社

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]