ペットフード用サーモンオイルの酸化防止に新たなソリューション SubSTAR

フルタロム 2018年03月15日

From 共同通信PRワイヤー

ペットフード用サーモンオイルの酸化防止に新たなソリューション SubSTAR

AsiaNet 72655

マリボル(スロベニア)、2018年3月15日/PRニュースワイヤー/ --

ペットフードにも酸化防止対策を!

フルタロム・フード・プロテクション・ディビジョン(Frutarom Food Protection Division)が、ペットフード向けサーモンオイルの酸化コントロールに、カスタマイズラインであるサブスター(SubSTAR(TM))を発売しました。

     (写真:
(リンク ») )

サーモンなどの脂肪の多い魚の油は、オメガ3脂肪酸(EPA、DHA)を豊富に含んでおり、健康に良いとして、高級ペットフードブランドでの使用が増加しています。

その一方、脂肪酸は不安定で、酸化が早く、酸敗します。中でもサーモンなどの油は特にコントロールが難しいものです。不飽和脂肪酸は酸化が早く、悪臭や変色の原因になるだけでなく、品質劣化や栄養価減少につながります。また、有害副産物を生み出す場合もあります。

酸化により、賞味期限が短くなるため生ごみが大幅に増え、製品ロスが増加、さらに生産停止に追い込まれます。魚の油を嗜好性向上剤としてペットフードの表面層に付けると、酸化リスクとペットフード製剤に関しての適用課題が増すのみです。

フルタロム社の新たな100%天然製剤SubSTARは、サーモンオイルの酸化を防止し、全体的な安全性を改善し、製品に変色を起こさず、風味と栄養価を維持します。「液状タイプと粉末タイプをご用意したSubSTARは、非常に有効性が高く、ペットフードメーカーやその原材料サプライヤーが必要とする特定の加工に適したカスタマイズが可能です。」と、フルタロム・フード・プロテクション・ディビジョンのゼネラル・マネージャー オハッド・コーハン(Ohad Cohan)が述べました。「暖かい季節に気温の高い状態で長期間保管しても、この製剤の安定性は高く、オイル品質も維持します。SubSTARであれば、少ない用量で強力な酸化防止が可能です。取扱いもシンプルで易しいこの製剤がレシピに加わりました。」

賞味期限を延ばし、素晴らしい品質をもたらすSubSTARは、業界内でも従来とは異なるソリューションで、優れた効能を発揮します。既知の優位性に対し信頼性と有効性が加わり、また、FAMI-QS認証によって最高レベルの垂直統合型原材料調達が保証されます

フルタロム・グループのフード・プロテクション・ディビジョンは、食品、ペットフード、化粧品、栄養補助食品産業向けに、自然からの抽出物に基づいた、アプリケーション特有のソリューションを提供します。多様なライン・アップの中にはVivOX(R)、INOLENS(R)、AquaROX(R)、SyneROX(R)が含まれます。また、ペットフード向けでアプリケーションを提供する革新的なSubSTAR・SubSTAR Complexによって補完されています。

フルタロム(Interzoo, Nuremberg, Germany, booth #3-504)へお立ち寄りください。

詳しくは、下記までお問い合わせください:

お問合せ先
フルタロム
フード・プロテクション・ディビジョン  
DushkaDimitrijevic, M.Sc.
テクニカル・セールス・アンド・アプリケーションズ、ディレクター
電話: +38627888738    
電子メール: foodprotection@frutarom.com  
ウェブサイト: (リンク »)

プレスお問合せ
NutriPR
LiatSimha
電話: +972-9-9742893
電子メール: liat@nutripr.com
ウェブサイト: (リンク »)
ツイッター: @LiatSimha  


ソース:フルタロム


(日本語リリース:クライアント提供)


関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]