札幌学院大学が後志総合振興局とグローバル人材育成に係る連携協定を締結 -- 2018年度からニセコエリアでインターンを実施

札幌学院大学 2018年03月16日

From Digital PR Platform




札幌学院大学(北海道江別市)は2018年度から、倶知安町やニセコ町でのインターンシップを導入する。これは最長で4カ月、ニセコ・エリアの宿泊施設などで働きながら外国人観光客への接遇や英語を学ぶもので、北海道の魅力を国外に発信できる人材の育成が目的。このインターンシップの実施に伴い、同大は後志総合振興局が手掛ける就業体験事業「ShiriBeshi(しりべし)留学」と連携。3月23日(金)には同局と協定書調印式を執り行う。同局と大学との連携協定締結は全国初。




 このたび導入するインターンシップは学部学科を問わず参加でき、終了時には大学の単位として認められる。参加を希望する学生は、事前に英語や国際関係についての講義を受講。学内の選考を経て、観光客の多い12~3月に現地のホテルや飲食店等で就業体験を行う。その後、受け入れ企業からの評価や学生のレポートをもとに単位を認定。参加者は年間20名前後と想定している。

 このインターンシップの導入に伴い、後志総合振興局が手掛ける就業体験事業「ShiriBeshi(しりべし)留学(通称:ニセコ留学)」と連携し、受け入れ企業の開拓などを進める。
 このたび、同局とグローバル人材育成に係る連携協定を締結。3月23日(金)には協定書の調印式を開催する。同大からは鶴丸俊明学長をはじめ、「ニセコ留学」を中心となって進める玉山和夫経営学部長らが参加。後志振興局からは勝木雅嗣局長らが同大を訪れ、協定書に調印する。概要は下記の通り。

◆後志総合振興局・札幌学院大学によるグローバル人材育成に係る連携・協定に関する協定書 調印式概要
【日 時】 3月23日(金)11:00~14:00
【場 所】 札幌学院大学G館5F特別会議室
【内 容】
・開会
・経営学部長挨拶
・出席者紹介
・協定書へ署名、交換、写真撮影
・局長挨拶
・閉会
・プレス質疑応答

(参考)北海道後志総合振興局ホームページ内「ShiriBeshi留学(ニセコ留学)」
  (リンク »)

▼本件に関する問い合わせ先
 札幌学院大学広報入試課広報係
 〒069-8555 北海道江別市文京台 11 番地
 代表電話:011-386-8111(平日 9:00~17:00 土曜 9:00~12:00)
 E-Mail:kouhou@ims.sgu.ac.jp
  (リンク »)

【リリース発信元】 大学プレスセンター (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。