上海交通大学とのダブルディグリー・プログラム第1期生を輩出 両大学の学位取得者10名が卒業 ---昭和女子大学

昭和女子大学 2018年03月16日

From Digital PR Platform




昭和女子大学(理事長・総長 坂東眞理子、東京都世田谷区以下、本学)と、上海交通大学(中国・上海)とのダブルディグリー・プログラムを修了し、2つの大学の学位を取得した人間文化学部国際学科の学生10名が、第1期生として卒業しました。




本学は、中国の国家重点大学である上海交通大学と、1992年に国際交流協定を締結し、2013年度からは、ダブルディグリー・プログラムをスタートさせました。このプログラムでは、本学で3年間、上海交通大学で2年間、合計5年間学び、両大学の単位を修得します。上海交通大学の入学時と卒業時には、一定の語学力が求められます。卒業論文を提出し、審査の上、それぞれの大学が学位を授与します。

第1期生は10名。
卒業式は3月16日午後1時30分から。
昭和女子大学人見記念講堂で、劉建新・上海交通大学人文学院書記、汪婉・在日中華人民共和国大使館参事官を迎え、学位授与式を執り行いました。




▼本件に関するお問い合わせ
昭和女子大学 広報部
TEL:03-3411-6597
E-mail:kouhou@swu.ac.jp

【リリース発信元】 大学プレスセンター (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。