1冊のスケッチブックに12点の作品が!その日の気分でページをめくる、新たなアート楽しみ方のご提案。 高島屋美術部創設110年記念 広田 稔展 -50冊のスケッチブックー

株式会社高島屋 2018年03月19日

From Digital PR Platform


(リンク »)
 【vol.1-5】
□会期・会場:東京展=2018年3月21日(水)~27日(火) 日本橋高島屋6階美術画廊
       大阪展=2018年4月11日(水)~ 17日(火) 大阪高島屋6階美術画廊
       京都展=2018年5月 9日(水)~15日(火) 京都高島屋6階美術画廊 
       横浜展=2018年5月30日(水)~6月5日(火) 横浜高島屋7階美術画廊
 
このたび高島屋では洋画家・広田稔先生の個展を、美術部創設110年記念の一環として開催いたします。

広田先生は1959年広島県に生まれ、東京藝術大学大学院(彼末宏教室)を修了後、1991年より白日会に出品を重ね、現在は白日会常任委員の重責を担うと共に、個展・グループ展と精力的に発表を重ねておられます。
6年振りとなる今展「50冊のスケッチブック」は、写実絵画の世界に身を置き、ストロークで描く作家が、22.7×31.6cmという極めて限られた空間で描く言葉を伴わない日記のようでもあります。
(リンク »)
 【vol.43-10】
バレリーナをモチーフに人体の動きを流動的に描き、またそこに住まう人々の息吹をも封じ込める風景を描く洋画家・広田稔。
本展では、観るものが頁を捲るという行為を加える事で始めて完成し、一篇の私小説を読んでいるかの様な趣を得られるスケッチブックを一堂に展観いたします。

ボブディランが風に吹かれたように、広田稔は雨にうたれても世の中のあらゆる事象を網膜の記憶としてスケッチブックに投影していきます。
常に指先が絵具にまみれているそんな作家の詩画集とも言えるこの世に一冊のアーティストブックをどうぞご高覧ください。
(リンク »)
 【vol.16-8】
□各店ギャラリートーク
 日本橋高島屋6階美術画廊=3月25日(日)午後2時より
 大阪高島屋6階美術画廊=4月14日(土)午後3時より
 京都高島屋6階美術画廊=5月12日(土)午後2時より
 横浜高島屋7階美術画廊=6月 2日(土)午後2時より

【お問合せ】日本橋高島屋 TEL(03)3211-4111(代表)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。