ジョンソン・エンド・ジョンソン、傘下のライフスキャンにPlatinum Equityから買収提案

ジョンソン・エンド・ジョンソン 2018年03月19日

From 共同通信PRワイヤー

ジョンソン・エンド・ジョンソン、傘下のライフスキャンにPlatinum Equityから買収提案

AsiaNet 72707 (0491)

【ニューブランズウィック(米ニュージャージー州)2018年3月16日PR Newswire=共同通信JBN】ジョンソン・エンド・ジョンソン(Johnson & Johnson、NYSE: JNJ)は、大手プライベートエクイティー企業のPlatinum Equityからライフスキャン事業を、慣習的な調整に従って約21億ドルで買収したいとの拘束力のある提案を受けたと発表した。ライフスキャン(LifeScan,Inc.)は2017年の年間売上高が約15億ドルの大手血糖モニター装置企業。

ジョンソン・エンド・ジョンソンのコンシューマー・メディカル・デバイス部門のカンパニー・グループ・チェアマン、アシュリー・マッケボイ氏は「ライフスキャンのワンタッチ(R)血糖モニター製品は、数百万人の糖尿病患者の生活に重要な役割を果たしている。すべての戦略選択肢を検討した結果、わが社はこの事業がPlatinum Equityとともに有望な未来を持てると確信している。この案件は、患者を助けて成長を加速するわれわれの最も有望な機会に集中するため、ポートフォリオ管理に節度を持って取り組む作業の一貫である」と話した。

ジョンソン・エンド・ジョンソンの企業ファミリーは、医療機器、医薬品とコンシューマー事業からの革新的な製品やサービス、ソリューションによって、糖尿病に苦しむ人々を支援し続ける。そうした試みには、肥満症治療手術といった分野やINVOKANA(R)(カナグリフロジン)、INVOKAMET(R)(カナグリフロジン/メトホルミンHCl)といった医薬品を通じた重要なリーダーシップとイノベーションが含まれる。

買収提案を受け入れる期間は、延長されない場合は2018年6月15日に終了する。それまでに関連作業部会との協議が計画されている。提案を受け入れる場合、買収手続きは通常の条件を満たした後、2018年末までに完了する見通しだ。この案件は同社が2018年1月23日に公表した方針に従って検討されていた。

▽ライフスキャン(LifeScan,Inc.)について
ライフスキャンは血糖モニターの世界的リーダー企業。米国では血糖モニターシステムの大手メーカーで、そのワンタッチ(R)ブランド製品は、内分泌内科医と一般開業医によって他のブランド製品よりも多く勧められている(注1)。世界では2000万人以上の人々が糖尿病を管理する簡単なテストと正確な結果を得るために、ワンタッチ(R)ブランド製品を利用している。詳しい情報はwww.OneTouch.com を参照。

▽ジョンソン・エンド・ジョンソン(Johnson & Johnson)について
ジョンソン・エンド・ジョンソンは、健康が豊かな人生と地域社会の繁栄、発展の基盤であると信じる。だからこそ130年以上も同社は、すべての年代、あらゆる人生段階の人々の健康を支えようと務めてきた。今日、世界最大級で広範な拠点を有するヘルスケア企業としての強みを最大限に活かし、世界中の誰もが、どこにいても、心身の健康と健全な環境を享受することができるよう、私たちは適正な価格でヘルスケアにアクセスできる、より健全な社会の実現に向けて努力している。私たちの想いと科学、創意工夫を一つにして、人類のため健康の流れを根本から変えようとしている。

(注1) Global Brand Equity Insights Study, February 2015

ソース:Johnson & Johnson


関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]