文部科学省「経済社会の発展を牽引するグローバル人材育成支援」総括評価で最高ランクの「S」を取得 ---昭和女子大学

昭和女子大学 2018年03月19日

From Digital PR Platform




昭和女子大学(理事長・総長 坂東眞理子、東京都世田谷区、以下「本学」)は、平成24年度から28年度までの5年間、文部科学省の経済社会の発展を牽引するグローバル人材育成支援(タイプB)事業を受託し、大学のグローバル化に取り組んできました。今回、独立行政法人日本学術振興会からの事後評価で、総括評価「S」を得ました。





タイプA(全学推進型)で3校、タイプB(特色型)で20校の国公私立大学が最終評価を受け、本学が唯一最高ランクのS評価を得ることができました。



オープンキャンパスの段階から留学を意識させたこと、留学前準備教育の体制を整備したこと、シラバスの一部に多言語化やナンバリングを導入、教職員にグローバル人材を採用し、海外協定大学の数は3倍以上、海外留学学生数・海外留学生数も2倍以上に増やしました。
カリキュラムでは、全学で英語のプレイスメントテストを実施し、レベル別にクラスを編成、Eラーニングで補習を行って、英語力強化の成果を挙げました。各取り組みの効果を確認して次の施策につなげ、学生に丁寧な指導を行っている点が評価されています。
また、卒業時の外国語スタンダードを満たした学生数が、各年度で数値目標を大きく上回るなど、系統的・具体的な施策の実現を通じて多くの項目で数値目標を達成したことも、高い評価につながりました。
本学では、組織的にこの取り組みを推進して大学のグローバル化を推進してきました。事業終了後も独自のグローバル人材育成プログラムを展開する計画です。



● 独立行政法人日本学術振興会の評価結果
(リンク »)


▼本件に関するお問い合わせ
昭和女子大学 広報部
TEL:03-3411-6597
E-mail:kouhou@swu.ac.jp

【リリース発信元】 大学プレスセンター (リンク »)

関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。