インフォメーション・ディベロプメント、CyberX社の国内第一号販売パートナーに ~全世界350社で稼働実績のある、産業用制御システム向け セキュリティソリューションの販売を開始~

株式会社インフォメーション・ディベロプメント 2018年03月22日

From DreamNews

●セキュリティプラットフォーム「CyberX」について

CyberXは、ICS環境における機器同士の行動分析とそれらの異常検出、さらに、独自の対ICS脅威インテリジェンスとを組み合わせた最先端の産業用制御システム向けサイバーセキュリティソリューションです。

CyberXは、ICS環境のプロセス制御とシステム監視に対する脅威、マルウェア、不正なリモートアクセスなどの脆弱性検出や、ICS環境下にあるIT資産の把握ができます。エネルギー、製造、公益事業など多様な分野にまたがるIndustry Internet of Things(IIoT)および産業ネットワークのサイバーセキュリティを確保するもっとも信頼されているプラットフォームです。すでに北米トップ電力会社5社に採用されており、全世界350社での稼働実績を持っています。

(注)重要インフラ:社会活動に不可欠なサービスを提供している社会基盤のこと。内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)では、2017年4月18日に「重要インフラの情報セキュリティ対策に係る第4次行動計画」を公表し、情報通信、金融、航空、鉄道、電力、ガス、政府・行政サービス(地方公共団体を含む)、医療、水道、物流、化学、クレジット、石油の13分野の重要インフラを防護対象として定めている


●販売開始予定日:2018年5月1日

●CyberX社について

CyberX社は、産業用サイバーセキュリティプラットフォームを提供しており、世界中で幅広く採用されています。また、米国国土安全保障省や国防総省が後援している SINET16 Innovator Award においてICS セキュリティサプライヤーで唯一選ばれるなど、高い評価をいただいています。
創業者のOmer Schnieder氏は、イスラエル国防軍においてサイバーセキュリティの運営、研究、および開発を指揮した実績を持っています。

(1)名称 CyberX Inc.
(2)主な事業内容 産業用制御システム向けサイバーセキュリティ製品の開発・販売
(3)設立年 2013年
(4)本社所在地 米国マサチューセッツ州フレイミングハム
(5)代表者 Omer Schnieder (Founder & CEO)
(6)従業員数 55名 (2018年1月現在)


■インフォメーション・ディベロプメントについて

当社は金融、公共、航空など幅広い業種のお客さまへ、創業以来約50年にわたり、システム運営管理やシステム開発を中心としたITサービスを提供しています。
また、約20年間蓄積してきたサイバーセキュリティのノウハウと、長年の運営管理や開発における経験を組み合わせ、お客さまの課題を解決してきました。当社は今後も引き続き、お客さまのIT環境の向上に貢献します。


【商品・サービスに関するお問い合わせ先】
担当部署:サイバー・セキュリティ・ソリューション部 福居
電話番号:03-3262-9171
メールアドレス:security@idnet.co.jp
URL: (リンク »)


関連情報へのリンク »

本プレスリリースは発表元企業よりご投稿いただいた情報を掲載しております。
お問い合わせにつきましては発表元企業までお願いいたします。

【企業の皆様へ】企業情報を掲載・登録するには?

御社の企業情報・プレスリリース・イベント情報・製品情報などを登録するには、企業情報センターサービスへのお申し込みをいただく必要がございます。詳しくは以下のページをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]